2012年03月09日

領収書の整理

以前、書いたことがありますが
領収書は5年保存しなくてはいけない、と思っていたので、
長年ため込んでいました。
しかし、光熱費等は、記録があれば、
取っておく必要はない、と知りました。
記録とは、通帳の印字や、家計簿の記載など。
そこで、少しずつ整理、廃棄(シュレッダーにかけて資源物へ)をしてきて、
ようやく完了しました。
一年分は、手持ちのA5判クリアファイルに残して、
次の年の同じ月が来たら、昨年分は処分、と決めました。
ちょっと、すっきり。棚も心も。
(税金の類は、念のため、5年取っておくことにしました。)
ラベル:家事
posted by かうべる at 00:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
紙類の整理って結構手間ですよね。

私は領収書用のボックスを決めて、入れなくなったらそ分分、文捨てるというおおざっぱなやり方です^^;

あと夫の給与明細。
頑張ってくれている証は捨てれなくて、それもお菓子の空き缶に10年分入れていて、それ以前のものはそこから厚紙で区別して昇給月だけを残しています。
きっと定年までするんだろうな・笑。

シュレッダー、調子悪くて処分する書類やDMがたまってきました。
いいシュレッダーが欲しいです^^;

Posted by 夢香里 at 2012年03月12日 22:26
> 夢香里さん
領収書の処分、捨てていいと聞いたときは、なんだか、ものすごくすっきりしたんです。
絶対効果のあるダイエット法を教えてもらったようなかんじで。
夫の給与明細も、あと5年(長くても10年)、と思うとなんだかいとおしいです(笑)
シュレッダーは、今や必需品?
目隠しスタンプなどを駆使して、こまめに捨てていれば、なくてもいいかもしれませんが、
ついついたまってしまうので、一度にガーッとやった方が早いかな、と。
でも、何か良い方法はないのでしょうかねえ。
Posted by かうべる at 2012年03月14日 12:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]