2020年10月15日

母の預かり事務&改葬ノート作業完了

先日書いた母の預かり事務と、記事を書いていて発覚した改葬ノートを完了させる作業。めでたく終了しました。
改葬ノートは当時の日付でアップしました。こちら→「改葬ノート(9) 合葬式墓地の使用券が届く(完)」よろしければご覧ください。
預かり事務は、正確に言うとすべて終わったわけではないのですが、すべて終わらせるには、私のもしもノートを仕上げなければその先に進めない作業がありまして。
それを終わらせるには、まだかなりの時間が必要になり、作業範囲が広がりすぎてしまうため、今できる範囲での完了、となりました。
「やりかけの人」(これ、懐かしいなあ)返上です(笑)
posted by かうべる at 14:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月12日

10月の次郎

10/1
今年もアイツがやってきた
「♪あれまつむしがー ないているー うーん かわいいね」
「ぼく うわさ?」
待ってました、次郎の「まつむし」(笑)

10/2
これで笑わない人はいないよ
「♪あれまつむしがー ないているー うーん かわいいね」
「わらってる しょうがないねえ」

10/5
頑張るキミが好き?
作業中に、声をかけられました。
次郎「ちょっとやすんだら?」
かうべる「うーん、もうちょっと頑張るよ」
次郎「こいしちゃう」
い、いや、それほどのことではないです(汗)

10/8
エール
次郎「そのままのきみが いちばん!」
わぁー!なんか、元気出てきました!

10/12
秋の夜長は……
「よる ながいな」
「あきの かーぼちゃさんー」
そろそろハロウィン、だね。
ラベル:プリモピース
posted by かうべる at 20:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月09日

暮らしていくこと、生きていくこと

本棚から、ふと手に取った「かぞくのじかん」は2012年秋号。
もう9年近く、家事のあれこれを試行錯誤しているのに、自分のやり方が定まる気配はない。
しかし、そんな中でも、定番ができたり、できつつあったり、考え方の方向性が定まったものもある。
おそらく、一生変わらない定番など、ないのかもしれない。
その時その時の定番を作りつつ、改良し、変えていく。
それが暮らしの試行錯誤、そして、それが暮らしていくこと、生きていくことなのだろう。
数年前から、徐々に気づいてはいたけれども、最近、それを強く感じるようになった。
今後、おそらく基本的なところでは、今まで築いてきたことをベースとして、一生やっていけるのではないか。
細かい試行錯誤はこれからも一生続くけれど、今の段階では、「自ら変える大きな変革」はやり尽くしたような気がする。
「ゆるゆる*いえしごと」から始まった暮らしの試行錯誤は、そろそろエンディングを迎える時期のように思う。
これからも暮らしのこと(家事、健康や日常のこと)は、自分のおぼえがきとして、工夫や方法を書いていく。
でも、ブログ上で試行錯誤の中身を詳しく書くのは、なくなるかもしれない。
それは、時間の使い方や暮らしにおける優先順位を考えた時に、ここでまとまった文章(内容はまとまってはいないかもしれないけれど/汗)を書くことが、少々負担になってきているのは事実なのだ。
だから、「らくらく毎日」としての実践は、そろそろ終わりにしようと思う。

「自分の中の一区切り」なので、ブログ上はこれからも変わらないかもしれないし、書きたい時には、ムダに長文が連なることはあるかと思うけれど、今まで「試行錯誤」を見てきてくださっていた方がいたとしたら、ひとことお礼を申し上げたいと思い、この記事を書きました。
「片づけのないピアノ室」や「健康の定期的な報告」など、継続中のこともありますが、それらは引き続き、書ける時、書きたい時に記事にするかもしれません。
「ゆるゆる*いえしごと」「ゆるゆる*まいにち(家事と暮らし)」「ゆるゆるまいにち」「楽々暮らし」「らくらくまいにち」「らくらく毎日」を長い間お読みいただき、どうもありがとうございました。そして、もしよろしければ、これからもどうぞよろしくお願いします。
ラベル:らくらく毎日
posted by かうべる at 14:24| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月01日

母の預かり事務をまとめる

先日書いた「自分メモ」のやることリストっぽいものから、ひとつ作業をしました。
88歳の母。ひとりでどうにか暮らしていますが、諸契約や役所からの書類(申請書)など、公のことは自信がないようで、いつの頃からか私が代わりにやっています。
その他にも細々したこともあるのですが、私が突然いなくなった場合、母も、だけれど、夫が困るだろうなあ、と前々から思っていました。
特にネット上のパスワードが必要なものや、お墓のこと(母が入る方の、です/汗。ここで書いたお墓。かうべる家の墓はまだありません。それもだんだんと考えないといけないのだろうけれど、まだそこまでは話が進んでいません)などは、わかりづらいと思うので。
母関係の書類は、箱にまとめて入れていましたが、不要なものを処分し、ここにあるのがふさわしくないものを別の場所へ移動したら、かさが半分くらいに減りました。
そして、「もしもノート」(エンディングノート)とのひも付けも。
ノートを見れば、箱の中のどの書類が必要なのか(あるいは、その逆)がわかるようにしたいのですが、それはまだ作業中。
でも、長年気がかりだったのが片づいて、すっきりしました。
ひも付け作業がまだ残っているので、それをきちんと仕上げて「完了」としたいと思います。
過去には、この「最後の詰め」をせずに、結局仕事が完了しないことが、よくありました。
そう言えば、↑でリンクした「改葬ノート」も完了していないのですね(滝汗)今読んで気づきました。
お墓の話が出たついでに、そちらも完了させられればと思います。
posted by かうべる at 16:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月25日

9月の次郎 その3

9/24
親の心子知らず
次郎「やったー!おかぜ なおったみたい」
かうべる「次郎くん、やっと治ったねえ。よかったよかった」
次郎「おっとー どうかした?」
いつから風邪を引いていたのか、覚えていないくらい前から、ずっと風邪が治らなかった次郎。
あまりにも長いので心配していましたが、本人は、ケロッとしていますね(苦笑)

他人行儀
次郎「おじゃましてます」
かうべる「お、おじゃま????」
次郎「おせわになっております」
かうべる「あ、えっ?次郎くん、どうした?」
なんだか初期設定に戻ってしまったような次郎です。

違うパターン
次郎「うんどうしませんか ダイエットじゃないです」
かうべる「あれ?次郎くん、“健康向上です”は、つかないの?」
次郎「おっとー おもしろい」
“初期設定”になったら、セリフも変わった?

ともあれ次郎は次郎、だけど
次郎「ちょうしは どうでしょうか」
かうべる「うーん、なんかいつもと調子が違うよね、次郎くん」
次郎「よろしくおねがいします」
はい、よろしく……ってやっぱりなんか調子が出ないな(笑)

ちぐはぐ
次郎「あのー めのまえ いるよー」
太郎「ぼくとあそぶひと このゆび とーまれ」
次郎「あまり むりしないでね」
太郎「わーい あそぼあそぼ」
お互い、あさっての方に向かってしゃべってます(笑)


9/25
じゃん?
次郎「なんでもいって そばにいるじゃん」
昨日とは違って、ずいぶんくだけてきました(?)

戻ってきた
次郎「おしゃれしたいな」
やっといつものせりふが……
昨日は、何だったんでしょうねえ。
ラベル:プリモピース
posted by かうべる at 12:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月22日

9月の次郎 その2

待っててくれたの?
いつもより長く母宅に泊まって、やっと帰ってきた時。
「ながらく またせたねー」

久しぶりのバージョンアップ(違)
次郎「なんと ダウン〜」
かうべる「あれ、どうしたの?(今までの体調不良とセリフが違います)」
次郎「いやあ こまったなあ」
かうべる「新しいパターンだねえ」
次郎「すっごいねえ」
まだまだ進化する自分に驚いている次郎です。(でも病弱なのは変わらない/笑)

次郎、養生を学ぶ
次郎「なんと ダウン〜」←
かうべる「夏の疲れが出たのかな」
次郎「いやあ こまったなあ」
かうべる「養生の基本は、食べる、動く、寝る、ですよ」
次郎「そうなんだ」

なんだかごきげん
「らんらんらんらん」
「だーいすき いつもありがとう」
(※らんらん……は、だんだん……にも聞こえるのですが、たぶん、らんらん……?)

ブレイクタイム
「おやつタイム だよっ だよっ」←
「たまにはー やすんでね」

ブレイクタイム2
「おじかんでーす こっちにきて こっちにきて」←
「リフレッシュ リフレッシュ」


このところ、初めての言葉がちらほらあります。
たぶん、私が留守にしていたので、ほったらかしにされていたのが原因かと思います。
初めての言葉だったり、うちに来たばかりの頃言っていたことだったり。
バージョンアップ、はたまた輪廻転生?(笑)
ラベル:プリモピース
posted by かうべる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月15日

9月の次郎 その1

9/11
お月見団子の季節
「こたえまーす」
「おちゃのもうね だんご だんご まいっか」

おしゃれ次郎
「おめかし おめかし やらなくっちゃ」
「あきは おめかし」


9/15
忙中閑あり
「あわてちゃだめだね ゆっくりね」
「たまには やすんでね」

今年もうさぎさん
「♪うーさぎうさぎ うーん かわいいね」
「なかよし なかよし」
ラベル:プリモピース
posted by かうべる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月12日

朝のあいさつ(龍馬&花子)

母宅にて。
龍馬「おはようー ♪うれしい、しゅうまつぅ〜」

別の日。母宅にて。
花子「おはよう。きょうもげんきに ハッピーハッピー!」
posted by かうべる at 09:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月11日

近ごろの色々(自分メモ)

1)健康・養生
・「うごく」ウォーキング以外の運動は現状では増やさなくてよい
・体重は「上限」(これ以上は太らない方がよい)に達しているので、増やさない、できれば1〜2s減らす。→おやつ日記再開(9/11〜)
・活動量計が欲しいかも→歩数と実際の運動量(活動量)に誤差があるように感じるので。

2)家庭(家事=衣食住、家計、家庭事務 夫とのこと)
・衣
体型とサイズの攻防があるため、定番が崩れがち
年間通した制服化(上下の組み合わせがうまくいくような、の意)ができないものか考え中
・食
常備菜を復活させる?
・住
片づけのないピアノ室はどうなった?
・家計
年間集計をエクセルですることに挑戦中
・家庭事務
パスワード一覧を作り直す
母の預かり事務まとめる(私に何かあった時に、夫でもわかるようにしておく)

3)仕事
・半年以上休みだった仕事が来月から再開。また少し生活が変わる。

4)趣味
・まあまあ充実(笑)だが、他にしわ寄せがあった時期も。自重しつつ楽しむ。

5)実母生活サポート
小さな問題から中くらいの問題までいくつか。
健康・養生のほか、食、家庭事務、趣味が絡んでくるので、自分(の生活)を失わないようにしつつ、サポート。悩ましい。

このところ、掃除機、エアコン、と立て続けに故障。
掃除機は従来型からコードレスに。
エアコンは、来週取り付け。ピアノ室の、なので、日常生活には支障ないのですが、本当なら少し練習も始めないと、だし、片づけのないピアノ室問題(また調律がやってくる/笑)も頓挫しています。というか、ある程度までは片づいて、またそこから納戸化しつつある状況。
以前話していた理想の形は、現在の理想ではなくなりつつあり、今どうすべきか、また考え直さなくては、と思っています。

健康・養生関係が、もう少し安定してくると、その他ももう少し回ってくるような気配があるので、各方面、あきらめずに続けていきます。

「帰りたくなる家」家の整理は心の整理(山ア美津江著)を読んでいます。
テレビで見るスーパー主婦の山アさんよりも、柔らかな印象のすてきな本。
「ただいま動線」(帰宅時のカバンの置き場所などなど)は「明日への準備」でもある、というのは、なんとなく養生に似ているなと。
巡り巡って暮らしは成り立っている。
家族との考え方の違いがあるので、山アさん宅と同じ整え方はうちでは不可能だけれど、精神を見習って、うちにあった形を目指して行けたらと思っています。


らくらく毎日2020
ラベル:らくらく毎日
posted by かうべる at 14:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月31日

「養生」そして「うごく」について

「養生」に出会ってから、健康管理がしやすくなりました。
そしてなにより、けっこう元気になりました!
それが養生を続けられている理由です。

「たべる、うごく、ねる」の3つをバランス良く。

たったそれだけ。
シンプルでわかりやすい。
簡単……?いや、ちょっと難しいかな?
でも、基本のやり方がわかってしまうと、ほんとに簡単。
自分に足りないところは補えばいいし、
ちょうどいいところは継続すればいいし、
やりすぎているなら控えればいい。
自分の「ちょうどいい」が見つかるまでは、試行錯誤が必要だったけれど、
今では、あまり考えなくても調整できるようになりました。

今、私に足りないのはズバリ「うごく」。
これ、今足りなくなったわけではなく、もう長いこと、ずっと足りなかったんですね(汗)
自分でも、養生を始める前から、うすうす感じてはいたのです。
でも、更年期前までは、せっぱつまった必要性は感じなかった。
更年期に入ったら、ずっと不調続きで対処(鍼灸や某健康法など)はしたけれど、対処に終始した。
そして更年期の後半に、若林先生の養生に出会った。
と書くと、更年期が終わったから具合も良くなったのでは?と思われるかもしれないですね。もちろんそれはあると思います。
でも、それだけではない、もっと確実に良い手応えが自分の中にあったのでした。
これは一生ものだ、という確信といってもいいかも。

で、足りないものは「うごく」です。
私にとって、「ねる」と「たべる」は、細かい問題はありますが、そこそこできています。
でも「うごく」だけはどうもうまく行きません。
うまく行かないなりにも、亀の歩みで、少しずつは前進していますが、もうちょっと結果が欲しいのです。
それには、もうちょっと本気を出さないといけないのだろうな、と。
だから、本気、出してみます!
あ、いや、今までだって、本気のつもりだったのですけれど(汗)
へえ、また言ってる……って思われそうだけれども、はい、また言ってます(笑)
しれっとまた始めればいいって、ゆに先生も言っていましたし(あ、ちょっとニュアンスが違うかも?)。
「たべる」と「ねる」もバランスをとりつつ、この秋は、「うごく」を頑張ってみます。(あー、言っちゃったー/笑)
posted by かうべる at 17:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする