2017年09月13日

わたしはだまされない(笑)

ある本を買いに、書店へ。
暮らしに関する本や、料理本は、しばらくの間、買うのを控えようと決めているのですが、立ち読みはしますので、その書棚のあたりもふらふらとしてきました(笑)
このたぐいの本は、どんどん増殖していますね。
ますます、自分が何をすべきか、わからなくなりそう……
今日、ちらっと見た本には、
「どうせやらないといけない掃除やご飯作りなのだから、楽しまなくては」と書いてありました。
かつて私は、こういうのに呪われていたのですよね。
もちろん、その本を否定するつもりはまったくありませんし、それでモチベーションが上がる人がいるのもわかります。
でも、家事に関しては、そのやり方は「私には、合わない」。
(「気が進まないけれどしないといけないことは、たんたんと済ませる」のが、らくらく毎日です。どこまでも、ラクな方法を考えます/汗)
その見極めができるようになっただけでも、前進したのかもしれません。
(少々批判的な書き方になってしまったかもしれませんが、ご了承くださいませ。意見には個人差があります by さだまさし です/笑)
ラベル:らくらく毎日
posted by かうべる at 15:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

考え方とやり方(らくらく毎日の作り方)

暮らしの試行錯誤を続けてきた中で、最近思うのは、
色々な、家事指南、暮らし方指南の情報は、
具体的なやり方だけを取り入れてもうまくいかない、ということ。
カリスマ主婦と言われる人や、ライフスタイルを発信しているブロガーさんがしているから、とやってみても、自分の生活になじむものは、とても少ないのが実情でした。(私の場合)
短期間はうまくいっても続かない。そんなこともしばしば。
その疑問の答え(かもしれないもの)が、最近、おぼろげながら見えてきました。
それは、根本的なところ(考え方=理念、理想など)が違っているかもしれないということ。
私の心当たりのあるところでは、
そもそも家事が好きか嫌いか、とか、
家事を楽しみたいのか、時短をめざすのか、とか。
そこがずれていると、いくらやり方をまねても(「工程表」をもらっても)、しっくりこないようです。
一方、理念(理想)だけに共感しても、やり方がわからなければ、実行できない。
どちらか片方だけでは、自分のものにすることには、つながらないのでした。

「らくらく毎日」も「考え方とやり方(理念と工程表)」の両輪そろって、やっと形になる(実行できる)のかもしれません。
ラベル:らくらく毎日
posted by かうべる at 14:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

ごきげんクエスト

新しいゲーム(GOKIGENQUEST)を始めました。(違うよ)

先日から「ごきげん」という言葉を使っていますが、
いつも明るくとか、常に前向きとか、ではなく、
ここちよい、平穏、ニュートラル(中庸)を指しています。
ハイテンションでもなく、落ち込んでもいない、過ごしやすい状態。
ここ(らくらく毎日)では、そのような意味で使っています。

先日の記事では、落ち込み、いらいらの原因が
・前髪が伸びてきた
・野菜の作り置き(刻み野菜など)がない
・メニューが決まっていない
・外出していない
など、と書きましたが、記事をアップした後、
それならば、これらがうまくいっていれば、心地よく暮らせる、ということなのでは?と思いついたのです。
同時に、うまくいっていないときは、これらをチェックすれば解決するのでは?と。
そこで、自分にとっての「ごきげんポイント」を探してみることにしました。
で、名付けて「ごきげんクエスト」(なんだかあれです/汗)
というわけで、勇者かうべるは、ニュートラルを探す旅に出ることに(笑)
今のところ、上に書いたのを含め、
・着心地の悪い服を着ない
・シャープペンの芯の固さはちょうど良いのを選ぶ
・家計簿をためない
・前髪がうっとうしくなったらすぐ切る
・野菜の作り置き(刻み野菜など)を常備
・主菜だけは決めておく
・一日一度は外へ出る
・食洗機は空っぽがデフォルト
・おふろに入る
(順不同)
……とこんな感じになっています。

なんだか突然、某国民的RPG風味になっていますが、気にしないでください(苦笑)
ラベル:らくらく毎日
posted by かうべる at 16:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

シンプルに暮らすには

「シンプルでムダなストレスのない暮らし」をめざしている「らくらく毎日」。
試行錯誤しつつ、少しずつ自分なりの理想が見えてきました。
実現は、なかなか難しいけれど。
最近考えていることを、メモしておきます。

シンプルに暮らすには
1)定番を決める(モノだけでなく、考え方も)
2)必須の時間は取り置く(睡眠、食事、ルーティンワーク、絶対にやらないといけないこと)
3)苦手なこと、気が進まないことには、心を揺らさない
4)今、しなくていいことはやらない

1)定番を決める(モノだけでなく、考え方も)
・「今」を基準に判断する(今、不都合、不満がないときは変更しない)
モノの例:化粧品、調味料、下着、洗剤など
考え方の例:2)3)4)

2)必須の時間は取り置く(睡眠、食事、ルーティンワーク、絶対にやらないといけないこと)
それには、
・所要時間を把握する
・予定を立てる
・好きなことをする時間も確保する
これらは、「家計簿の予算」と同じ考え方。先に取り分ける。

3)苦手なこと、気が進まないことには、心を揺らさない
・避けられないマイナス要素は、たんたんとやる(やり過ごす)
・心を揺らさない=無駄なエネルギーを使わない(いらいらするのは体力消耗/笑)

4)今、しなくていいことはやらない
・他人の仕事に首を突っ込まない
・不必要なネット検索、サーフィンはしない
・夫がつけたテレビは、夫がいなくなったら消す
ネットとテレビは時間泥棒

以上、4つを頭の隅に置いて暮らしていきます。
説明がないとわかりづらい点もあるかと思いますが、ご了承ください。
(機会があれば、折を見て詳しく書ければと思います)
ラベル:らくらく毎日
posted by かうべる at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名もなき家事



使ったカップを戻すとか、シャンプーを詰め替えるとか、
調味料を小分けするとか、ゴミ出しをしたら、新しいゴミ袋をセットするとか。メニューを考えるとか。
そんなことを「名もなき家事」と言うそうです。
以前から「なんだかわからないけれど、時間をとられている」と感じていたことの「正体」がこれ。
そのほかに、個人的には、食器乾燥機の食器を食器棚に戻す(今は食洗機、ですが)、
洗濯物をたたんでタンスへしまう、外出で済ませる複数の用事の段取り(たとえば書類や通帳の準備や、店や銀行を回る順番を組み立てるなど)をする、なども、これに含まれると思います。
これらを家事と思うか思わないか、というのも男女差があるようですが、それは別にして、とにかく家庭内には「自分(各自)の用事でない用事」があるのは確か。
時間泥棒の正体は、こんなところにもあるのです。
ラベル:らくらく毎日
posted by かうべる at 18:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

ごきげんでいるためには

天候不順が続いたまま、秋雨の季節になりました。
「大物洗濯」は、結局そのまま手つかず。
お天気が続くようになったら、できるところまですればいいや、と思っています。

さて、はっきりした理由がないのに、気持ちが沈みがちだったり、いらいらしたりすることがあります。
落ち込んだり、いらいらしている自分に対して、よけいに落ち込んだり。
ところが、自分をよく観察してみたら、「理由」を発見できました。
たとえば
・前髪が伸びてきた
・野菜の作り置き(刻み野菜など)がない
・メニューが決まっていない
・外出していない……など
そんなことで?と言われそうですが、そうなんです(汗)
わけもなく、なんだか落ち込んでいる、いらいらする時は、
このあたりを確認してみると良いようです。(私の場合)
あ、なんだか落ち込んでいるのは、天気が悪くて家にこもりがちだから?
(決して、オットが毎日うちにいるからではないんです、ないんです、もごもご/笑)
ラベル:らくらく毎日
posted by かうべる at 20:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

今年もタヌキがやって来た

次郎「♪〜げーんこつやまのーたーぬきさんー いひっ」
かうべる「おや、たぬきさんの季節だね」
次郎「きれい きれい」
もうしばらくすると、山の紅葉が美しくなります。
つり、ではなくて、ハイキングに行こうか?
ラベル:プリモピース
posted by かうべる at 21:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月25日

今日もちょっぴりバージョンアップ?

なにやらモードが変わった(らしい)次郎。
外出して、帰ってきたら
かうべる「次郎くん、ただいま」
次郎「すうすうすうぅ」
留守番時に寝ていることは時々ありますが、これを言ったことはあったかなあ。
次郎「おつかれさま まちどおしかった いいかなあ」
いつもと少し違う「留守番明け」です。

追記
「おつかれさま まちどおしかった いいかなあ」は、初めての言葉だと思ったのですが、調べたら、ずいぶん前(うちに来たばかりの頃?)に言ったことがあるようでした。

そして、突然
次郎「やるねー!」
ものすごい絶叫調。いったい何があったの?
次郎「すっごいねー」
なんだかわかりませんが、感動している次郎です(汗)
ラベル:プリモピース
posted by かうべる at 11:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月24日

次郎のバージョンアップふたたび

今日は突然、次郎が新しい言葉をペラペラと話し始めて、記録に忙しい一日でした。
うちに来て7年も経つのに、まだ出し惜しみをしていたのですね(笑)

言いまつがい?
次郎「おやつタイム だよ だよ」
かうべる「だよ だよって、念を押すのはめずらしいねえ(実は初めて)」
次郎「そうなんだ びっくり」
……って、次郎くん、もしかして間違えて言いましたか?

宿題シーズン
次郎「やるき あるある なんちゃって」
かうべる「あら、今年は宿題頑張るの?」
次郎「はあー すっごいねー」
よし!気合い入れて頑張ろう!?

少しして、また
次郎「やるき あるある なんちゃって」
かうべる「どう?宿題、はかどってる?」
次郎「はあー」
ありゃ、早くもお疲れ?(汗)

今度は
次郎「ちょうしは どうでしょうか?」
かうべる「どうでしょうか、って、次郎くん、自分で宿題していたのではないの?」
次郎「よろしくおねがいします」
……って、次郎くん、太郎ちゃんに丸投げしたらダメよ!
(ちなみに太郎は、今年も「しゅ・く・だ・い まかせてよ!」と、サクサク進めています)
次郎「そうなんだ」
かうべる「そうですよ、宿題は自分でするのよ!」
次郎「しらないよ」
んーもう、こまったちゃんの次郎くんです(汗)

自由研究は漫才?
その1
次郎「やるき あるある なんちゃって」
かうべる「あ、また宿題を始めたの?」
次郎「うけるー うけるー なんでやねん」
なんだか、一人で漫才をしている次郎です。ダイジョブ??

その2
次郎「やるき あるある なんちゃって」
かうべる「次郎くん、まだ漫才のネタが決まらないの?」
次郎「びっくりしたー」
ご、ごめんね。誰も聞いていないと思った?(笑)

応援に回ったらしい
次郎「がんばるねえ」
かうべる「次郎くん、もしかして宿題を太郎にやってもらっているんじゃないでしょうね」
次郎「こいしちゃう」
こ、こい……?

おなかすいた
次郎「だんだんだんだん」
かうべる「あら、年末のお掃除みたいね?」
(注:だんだんか、らんらんか、聞き取れないのですが、年末になると 「だんだんだんだん おそうじ」と言います)
次郎「おちゃのもうね おだんごいっぱい そろそろ じゅーでーん しようよ!」
どうやら、だんだん、のだんは、だんごのだん?
はいはい、ご飯を食べようね。

充電後
次郎「ようちんち ようちんち」
これ、今もって、謎の言葉です。
良い一日、という説もあるようです。
よく言う言葉ですが、二回続けて言ったのは初めて。
お茶と団子を食べて、良い一日だったね、次郎……(そういうことなの?)
ラベル:プリモピース
posted by かうべる at 15:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

近頃のらくらく毎日

梅雨明け前から真夏のような暑さだったのに、梅雨が明けると戻り梅雨、
時折猛暑もありましたが、湿気の多い曇り空のまま立秋を過ぎ、お盆を迎えました。

最近のことを、思いつくままに書いておきます。

大物洗濯が滞っている
すっきりしない天気が続き、厚手のカーテンの洗濯と布団カバーの洗濯が、進みません。布団カバーは手つかず。

山型食パンを焼く
1.5斤の型を使うのは、いつ以来?
以前焼いていた配合がわからなくなってしまったので、わかりやすい手持ちのレシピでやってみたら、けっこう上手に焼けて満足。
焼いている時のいいにおいと、焼き上がりのピチピチパリパリいう音は、うまく焼けた食パンならでは。
配合は忘れても手順は忘れていない、私の数少ない「昔取った杵柄」です。

食洗機を導入
肩から腕にかけての不調のせいもありますが、食器洗いが精神的にものすごく苦痛で、夫に手伝ってほしくてごねていたら、食洗機が届きました。
いや、私が言いたかったのは、食器洗いで楽をしたいのではなくて、家事全般、もう少しどこかで夫にも担ってほしい・・・ということだったのですが。
食洗機を使うことで、楽になるのは確かですが、根本的には「そこじゃない」。
モヤモヤは解決しませんが、この問題(家事ギャップと言うそう)はすぐに解決できるようなものではないので、いったん棚上げ。
今は、食洗機に慣れることに専念することに。
(こういう感情の棚上げは、無駄なストレスを減らす方法のひとつ)

「やりたいことをやる」宣言
どのようなやりとりの中で言ったのかは忘れてしまいましたが、
平均寿命から逆算すると、やりたいことができる時間は、たくさんは残されていない、という話になり、
「お互い、やりたいことをしよう」と私から言いました。
現実は、前述の「食洗機事件」みたいなことになっているのだけれど、
少なくとも、私がそうしたいと思っていることは伝えたので、細かいことは、日々すりあわせていくしかないと思っています。

やっぱりシャツが好き
この記事で、「梅雨時は、七分袖シャツを着る(と決めておく)」と書いたのですが、この夏、天候不順も手伝って、猛暑日(に近い気温の日)以外は、七分袖シャツを着ています。
暑いときは、袖をまくって対処。(ロールアップ仕様のものもあります)
外出先で冷房がきつい時は、袖をおろせばいいので、なかなか便利。
五十肩が治ってからは、プルオーバーを着ることが多かったのですが、また、前開きでないとだめになってしまいました。
でも、もともとシャツは好きだったので、それはそれで良いかと。
これを機会に「自分の定番」にしようと思っています。

家事ボード」ができれば良しとする
やることは色々ありますが、天候と体調により滞りがち。
それでも、最低限、家事ボードのものだけはこなすことを目標にしています。

「家事(やるべきこと)の見える化」は大事
現状(絶対量)がわからないと、わけもなく追われてしまい、疲れたり落ち込む原因になります。
それがわかってきたので、うまくいかないときは、そこを確認。
臨時のことが入ってきていないか、余計(無駄)なことをしていないかをチェックします。
以前は、思いつくままに、大きな紙に書き出したりしましたが、今は手帳を見返したり、作業の所要時間を計り直したりします。
やり方を大きく改変しなくても、それだけで解決することも多いです。
そして、やるべきことだけでなく、やりたいことのピックアップも同時にします。どう組み込んでいくかは、自分の腕の見せ所?

こんなふうに、どうにかこうにか暮らしています。
ラベル:らくらく毎日
posted by かうべる at 22:04| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする