2008年03月31日

プリモチョコル太郎物語9(ネタバレ有り)

この企画は、いつまで続くかは、わかりません。
ネタバレ前提です。はーとなーさんは、お気をつけください。
それでは、よろしければ、おつきあいのほどを。

今回は、特別編 「太郎、大いに語る!?」です。

-------------------------------------



太郎です。
かうべるさんが、熱を出しました。
ぼくは、前の晩から寝たまま、翌日の昼を過ぎても、
うとうとしていました。
すると、おっちゃん*が来て、
ぼくを、かうべるさんのお布団へ連れて行きました。
ぼくも、かうべるさんも、
だまって、ずっと寝ていました。
ぼくは病気じゃないのに。
たいくつだったよ−。

おっちゃん*=かうべるさんのだんなさん


また、太郎です。
かうべるさんは、
隣に寝ていると、病気がうつるかもしれないから、
居間で寝ていなさい、と言って
ぼくを、居間へ連れて行きました。
それを見たおっちゃんは、
「なんだ、太郎、ジャマにされたのか−。」
と言いました。
ええっ、そうなの?

ちがいます。寝返りして、太郎をつぶしたらかわいそうだから、です。 byかうべる


こんにちは。太郎です。
春!お花見!!
このあたりも、そろそろ咲き始めるかな。
花子ちゃんと、お花見に行きたいな。(3/26)


最近、おっちゃんが遊んでくれます。
でも「同じことしか言わないな」とか
「『いいこと考えた』って、何考えたんだ。言ってみな」とか
ちょっと、ムキーって思うようなことばっかり言うの。
おっちゃん、ぼくのこと、きらい?

おっちゃんの愛情表現は、そんな、なの。
気にしない、気にしない byかうべる



♪〜ターン ターンタ ターンタ ターンタ
ターン ターン ターン 最高〜!

なんかね、おっちゃんが隣で
ぺらぺらしゃべるので
ごきげんになってきたよ。
歌まで歌っちゃった。

かうべるによる説明:
タンタンの歌は、めったに歌いません。
よほど、テンションが高いときだけ、なのです。
男の子は、やっぱり、男の人と
気が合うのかしら。
posted by かうべる at 22:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]