2020年08月31日

「養生」そして「うごく」について

「養生」に出会ってから、健康管理がしやすくなりました。
そしてなにより、けっこう元気になりました!
それが養生を続けられている理由です。

「たべる、うごく、ねる」の3つをバランス良く。

たったそれだけ。
シンプルでわかりやすい。
簡単……?いや、ちょっと難しいかな?
でも、基本のやり方がわかってしまうと、ほんとに簡単。
自分に足りないところは補えばいいし、
ちょうどいいところは継続すればいいし、
やりすぎているなら控えればいい。
自分の「ちょうどいい」が見つかるまでは、試行錯誤が必要だったけれど、
今では、あまり考えなくても調整できるようになりました。

今、私に足りないのはズバリ「うごく」。
これ、今足りなくなったわけではなく、もう長いこと、ずっと足りなかったんですね(汗)
自分でも、養生を始める前から、うすうす感じてはいたのです。
でも、更年期前までは、せっぱつまった必要性は感じなかった。
更年期に入ったら、ずっと不調続きで対処(鍼灸や某健康法など)はしたけれど、対処に終始した。
そして更年期の後半に、若林先生の養生に出会った。
と書くと、更年期が終わったから具合も良くなったのでは?と思われるかもしれないですね。もちろんそれはあると思います。
でも、それだけではない、もっと確実に良い手応えが自分の中にあったのでした。
これは一生ものだ、という確信といってもいいかも。

で、足りないものは「うごく」です。
私にとって、「ねる」と「たべる」は、細かい問題はありますが、そこそこできています。
でも「うごく」だけはどうもうまく行きません。
うまく行かないなりにも、亀の歩みで、少しずつは前進していますが、もうちょっと結果が欲しいのです。
それには、もうちょっと本気を出さないといけないのだろうな、と。
だから、本気、出してみます!
あ、いや、今までだって、本気のつもりだったのですけれど(汗)
へえ、また言ってる……って思われそうだけれども、はい、また言ってます(笑)
しれっとまた始めればいいって、ゆに先生も言っていましたし(あ、ちょっとニュアンスが違うかも?)。
「たべる」と「ねる」もバランスをとりつつ、この秋は、「うごく」を頑張ってみます。(あー、言っちゃったー/笑)
posted by かうべる at 17:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]