2018年05月05日

衣類リストその後(衣類の適量は?)

衣類リスト(完全版)ができてから、1年半ほど過ぎました。
その間、月に一度程度は、ざっと見直し。
衣替えの時期は、リストと照らし合わせて、適宜、在庫チェック。
途中、購入(追加)、買い替え、処分があった時には、そのつどリストを変更。

1年半経って、衣類数が変化したかと思いきや、昨日数えたら、まったく同じ133でした。
途中、140以上に増えたことがあり、その後、ざっくり減らしたつもりだったので、減ったと思っていたのですが。
減ったアイテム(チュニック、ワンピース、セーター)がある一方で、ベストや半コートが増えています。
でも、点数は変化なしですが、内容的には、必要なものがそろいつつあるので、一応納得しています。
とは言っても、まだ多すぎると感じています。
前にも書きましたが、リスト(画像無し)を見ても、どの服なのかパッと思い浮かばないのがあるし、収納場所も、ほぼ満杯。
理想の持ち数は、100くらいなので、もう少し工夫したいところです。
(具体的には、昨夏、腕の不調で、ほとんど着ることができなかった「Tシャツ類」の取捨選択をする予定)


さて、余談ですが、先日片づけをしていて、原由美子さんの切り抜き(くらしの手帖)を発見。
それには「自分がどう見られたいかを考えて着るのがファッション……」とありました。
だとすると、私はファッションに興味がないので、原さんからすると、「どう見られたいか」という視点が欠けていることになるのかもしれません。
それが、人間としてどうなのかは、わかりませんが(滝汗)、個人的には、普段着では「清潔」とある程度の「年齢相応」、冠婚葬祭では、「主催者に失礼でないように」だけは気をつけようと思っています。
「どう見られたいか」については、仮に着飾っても(取り繕っても)、すぐに化けの皮がはがれると思っているので、実はあまり気にしたことがありません。でも、周りの人を不快にさせるのは、大人としてはどうかと思うので、その最低限をクリアするための基準が、さきほど述べたこと。
センスのないオバチャンには、それが精一杯なのです(汗)
ラベル: らくらく毎日
posted by かうべる at 14:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]