2018年03月16日

のだめ部屋を再度本気で片づけようと思っているわけ

ピアノがある部屋(通称のだめ部屋)の片付けの話は、過去に幾度となくしてきました。
一度は片付いたはずなのに、どういうわけか、いつの間にか納戸と化してしまう不思議な部屋です(汗)
1年半くらい前の記事(こちら)で、ピアノ調律をきっかけに、とりあえず見た目はきれいになったものの、根本的には何も解決していない等の記述が見られ、それ以降、本格的には取り組んでいないような。

当時(約1年半前)は
・片づけの必要性は継続中。
・捨てるもの(いらないもの)は、ほぼなくなってきているのに片付かないわけ
1)片づけをなまけている
2)整頓が進まない(最善の置き場所を決められない)
3)配置替えは、大がかりになるため、始めるタイミングがつかめない
と書いているのですが、現在も同じ状況です。

さて、このたび、心を入れ替えて、この部屋をなんとかせねば、と思う最大の理由。
それは、この家に、「落ち着く場所がなくなってきた」ということ。
この記事(オットが台所に立つということ)で、「台所は私の城、とは思っていなかったけれど」と書きましたが、特にピアノ室が荒れ始めて以降、自分で感じている以上に、台所は「私の居場所」だったようです。
料理をするだけでなく、合間にちょっと本を読んだり、書き物をしたりもしていたし(老眼になってからは、読書等には照明が暗いので、あまりしなくなりましたが)、音楽(趣味も勉強も)を聴いていたし、食器を洗いながら泣いたりもしました(え)。
ところが、その場所が「共有スペース」になりました。
これに気づいた時、このままでは私は根無し草になってしまう……と思ったのです。
それに、もともと、のだめ部屋こそが「私の部屋」だったはず。
それが納戸になったのはなぜ???
というわけで、今までで最高に「片づけなければ」指数が上がってきています。
きれいにする、とか、不要品を捨てるとか、ではなくて、「自分がこもれる部屋」を用意せねば、という感じです。
あともう一つ、将来的にうちに母を受け入れることになるかもしれないという理由もあります。
そのような日が訪れるのかどうかはわかりませんが、そうなってもいいように、少しずつ何かを始める必要があるのかも、とどこかで思っているのかもしれません。
ともあれ、のだめ部屋。少しずつ、どうにかしていく所存です。
posted by かうべる at 18:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]