2017年09月11日

考え方とやり方(らくらく毎日の作り方)

暮らしの試行錯誤を続けてきた中で、最近思うのは、
色々な、家事指南、暮らし方指南の情報は、
具体的なやり方だけを取り入れてもうまくいかない、ということ。
カリスマ主婦と言われる人や、ライフスタイルを発信しているブロガーさんがしているから、とやってみても、自分の生活になじむものは、とても少ないのが実情でした。(私の場合)
短期間はうまくいっても続かない。そんなこともしばしば。
その疑問の答え(かもしれないもの)が、最近、おぼろげながら見えてきました。
それは、根本的なところ(考え方=理念、理想など)が違っているかもしれないということ。
私の心当たりのあるところでは、
そもそも家事が好きか嫌いか、とか、
家事を楽しみたいのか、時短をめざすのか、とか。
そこがずれていると、いくらやり方をまねても(「工程表」をもらっても)、しっくりこないようです。
一方、理念(理想)だけに共感しても、やり方がわからなければ、実行できない。
どちらか片方だけでは、自分のものにすることには、つながらないのでした。

「らくらく毎日」も「考え方とやり方(理念と工程表)」の両輪そろって、やっと形になる(実行できる)のかもしれません。
ラベル:らくらく毎日
posted by かうべる at 14:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]