2017年01月09日

タイムテーブル(「らくらく毎日2017」)

昨年の「らくらくまいにち2016」の「生活時間(基本時刻)」は、
起床
朝家事終了
夕方の台所しごと開始、
入浴準備開始
就寝
の5つの時刻を設定しましたが、 うまく機能しませんでした。
ぐーたらしていて、なし崩しになることが多かったのですが、
たとえば、たまにうまくいって、10:00に朝家事が終わったとしても、
そのあとのスケジュールが曖昧だと、結局思うように過ごせずに、
一日が終わってしまうことがありました。
朝まではちゃんとやったはずなのに、どうして?
それは、やることを具体的に決めていないのが原因でした。
やることはたくさんあるのですが、「いつ、どれをするか」が、はっきりしていないと、
緊急性のあるもの、期限があるもの以外は、なんとなく後回しになってしまい、
ついつい、くつろぎの時間が長くなってしまう……
そんなことの繰り返しでした。
また、「細かすぎるスケジュールは、結局守れないから意味がない」とか、
「そんなにギチギチのスケジュールなんて軍隊みたい!?」と、
誰かから(といっても、いったい誰から?)、そんなふうに思われるのが
嫌だったり、そもそも、私自身がそう思っていたのかもしれません。
「細かい時間割はダメ(無意味)」と決めつけていたのです。
しかし、大まかな基本時刻だけでは機能しなかったのは事実。
それなら、細かく、具体的にするしかないのでは?
ということで、細かい設定を考えてみました。

タイムテーブル(めやす)
06:30 起床
10:00 朝しごと[朝家事(170)+週家事、月家事]終了
(新聞・ティーブレイク)
10:30 午前の部(例:外出、散歩、買い物) 
12:00 昼しごと(80)・昼休み(趣味)
14:00 午後の部(例:器楽練習、洗濯物取り込み、アイロン、月家事)
(ティーブレイク)
16:00 メール・PC・ブログ(趣味)
17:00 夕しごと(140)・TV・だんらん 
20:00 夜家事・日常の家計と事務
21:00 入浴準備・明日のしたく・入浴
23:00 就寝(最終目標) 

※各家事・しごとの詳細は、こちら参照

ここまでしなくても、とか、どうせできないでしょ、
と言われそうですね(汗)
確かに、胸を張って「これでやっているのです!」とは
今は言えません。
でも、三週間ほどやってみたところ、
昨年の設定より、意外に使い勝手が良いのです。
しばらく、これでやってみたいと思います。
なお、これは「基本形」です。
そして、毎日この通りにすることが目的ではありません。
それらの説明は、後日しようと思います。
ラベル:らくらく毎日
posted by かうべる at 16:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]