2016年09月15日

「だしのこと」その後

以前、だしの話をしましたが、
これは、今も継続中。定着しています。
この「水出しだしパック」を続けて使っていると、
たまに、顆粒和風だしの素(生協の)を使うと、
味が濃く、とがって感じるようになりました。
ずっと前、このだしの素を主に使っていた頃は、気にならなかったのに。
だしの素も、生協のものだから、市販品よりはまろやかなのに、
(以前、飲み比べをしたことがある)
やはり、ホンモノのかつおぶしには、かなわないようです。
煮干しは、梅雨前に使い切り、夏の間は使っていなかったので、
また、買ってきて、だしパックと併用する予定。
煮干しも、同じ方法で水出しにしておきます。
みそ汁にする場合は、煮干しも、具としていただいてしまいます。
なので、ミルサーで砕いていた時は、大きめのものを使っていましたが、
今は、小さめの(食べる煮干し、などの名前で売られているのと同サイズ)を
買うようにしています。
ミルサーにかける手間もないし、だしがらの処分の罪悪感もなし。
ここでまた、ストレスと手間の軽減、です。

つけたし、ですが、「だしの素」。
さきほど、ちょっとけなしてしまいましたが、これも便利に使っています。
少量の汁物を作る時や、煮物がひと味足りない時など。
頼れる「お助けアイテム」です。

らくらくまいにち2016
ラベル:家事
posted by かうべる at 14:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]