2015年07月28日

フットケア4回目

前回(5/26)から2か月ほど経ちました。
その間、足に合った靴を買い、靴下も普通の靴下(2足580円/笑)になりました。
靴屋さんで測定してもらった記録のカードを先生に見せると、
「やっぱり細かったですね」「あの靴(冷えとり当時の大きな靴)、
履いていたのですものねー」と、しみじみ。
フィンコンフォートを履いていき、靴も見てもらいました。
「サンダルは買いましたか?」と聞かれて、
実は、サンダルを買わなかったことに、今はちょっと後悔している、と答えました。
靴を買いに行った時は、まだ梅雨入り前で、この猛暑に思いが至らなかったのと、
あの時は、なにしろ「日常はく靴」が1足もなかったので、
必要最低限、そろえるため、オーソドックスな色と形を選んだのでした。
サンダルの試し履きもさせてもらいましたが、予算の都合もあったので、
「サンダルは、来年の夏、買おう」ということに。
でも今は、やっぱり欲しいと思い始めています。

さて、肝心の爪のことですが、順調に回復しているようで、一安心。
一番最初に異常が現れた右足第1指以外は、新しい部分ができてきているそうです。
もともと異常がない爪は、「良い爪」と言ってもらえて、ちょっとうれしい。
(これらは自分で切っているので、切り方が悪いとか、そういうことはないみたい)

おかげさまで、自分の足は整ってきているので、
ケアしてもらいつつ、母の外反母趾の相談をしました。
外反母趾のケアは、外反母趾に直接施術するのではなく、
サポーターや靴の中敷きの工夫等の指導が中心だそう。
あとは、たこや魚の目等ができていれば、それらのケアをするそうです。
本来は、本人が施術を受けるのが一番良いですが、
とりあえず、状態を見てもらうだけ(私のケアの日に便乗?して)、
あるいは、サポーターをお試しで履いてみる、という選択もあるとのこと。
サポーターの試し履きをさせてもらいましたが、
ストッキングのように薄いので、違和感はなさそうでした。
また、この上から靴下を履いて、今履いている靴を履くことも可能。
ただ、母は、長年外反母趾で困ってはいるものの、
今は痛みがないので、あまりよけいなことはしたくないと思っている様子。
フットケアを受けるほど、本人は積極的ではないかもしれないし、
私が次にケアを受けるのは、2か月後なので、仮に次回一緒に来るとしても、
それまで何もしないのは、私としては歯がゆいところ。
どうしようかなと思っていたら、サポーターは、外反母趾専用ではなく、
異常のない人も、足を整えるために使える物とのこと。
(先生は、仕事で一日歩き回る時などに、使っているそうです)
それなら、もし、母が使いたくないといったら、私が使えばいいかな。
と言うことで、買ってみました。

帰宅後調べたら、アマゾンにありました。


ソルボバランスウォーク オープントゥガード

母が使ってくれて、少しでも足が楽になるといいのだけれど。
そして、私は2か月後に予約を入れてきました。
その頃には、涼しくなるかなあ。
今度は、もう一足の、アキレスソルボを履いていこうと思っています。
ラベル:健康
posted by かうべる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]