2015年07月16日

ゾウを入れるためにキリンを出す

若林理砂さんのツイッターとメルマガにて。
「養生」は、簡単なことばかりなのに、なぜ、なかなかできないのか、
習慣化されないのか、ということが話題になりました。
そこで言われたのが、
「大人が新しく何かを習慣化するには、今の(悪い、いらなくなった)習慣を
ひとつやめないと、時間を確保できない」という問題。
そして、その説明に出てきたのが以下のものです。
私は、これを知らなかったのですけれど、よく知られた「なぞなぞ」なのかな。
まず、最初の問題。

キリンを3ステップで冷蔵庫に入れるには、どうすればいい?


答えは
1)冷蔵庫の扉を開ける
2)キリンを入れる
3)冷蔵庫の扉を閉める

な、なんと!(驚)

それでは、ゾウを冷蔵庫に入れる4ステップ。こちらはどうしましょうか。


答えは
1)冷蔵庫の扉を開ける
2)キリンを出す
3)ゾウを入れる
4)冷蔵庫の扉を閉める

いやはや、どんな冷蔵庫なんだ、というのは置いておいて(笑)

すでにキリンが入っているところへ、ゾウを押し込むのは、
どう考えても無理なことです。
私の場合は、時間的な余裕はそれなりに多少ある(と思っていた)のに、
「習慣化」は難しい。(養生に限らず、家事とかでも)
うまくいかないのは、やる気の問題、手順の問題……
過去にも色々試行錯誤してきましたが、解決策はただ1つ。
キリンを出してゾウを入れること。それだけだったのかもしれません。
この説明に、妙に腑に落ちたのは、
半身浴をやめたら、以前より早く寝られるようになったこと、
そして、テレビをつけず、スマホ(PCも含む)を遠ざけると、
予想以上に物事がはかどることが実感できつつあったから。
自分にとってのキリンとゾウを見極めつつ、適宜入れ替えていくことで、
ほんの少しずつですが、変わってきているのかもしれません。
ここでは、「他の人はこうしているから」とか、
「他の人はできているのに私はなぜできない?」というような考え方は
たぶん必要ないのです。
じぶんのキリンとゾウを、出して入れて、やってみてまた入れ替える。
きっとそれでいいのでしょう。
あとは、間違ったキリンを入れっぱなしにしたり、
ヘンなゾウを入れて、気づいたらゾウが腐ってた!
なんていうことがないようにするのも、大事かなと思ったりもします。
(若林先生は、そんなことまで言っていませんが/笑)
posted by かうべる at 12:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]