2014年10月21日

合谷(ごうこく)にお灸

鍼灸院で、初めてお灸を体験して以来、お灸の心地よさは十分わかっていました。
しかし、いざ、自分でやるとなると、手が届く範囲が限られているので、
すえたい場所には届かず、などなどの理由で、
いただいたもぐさもそのままに、数年が経ち、
いつしかお灸のことも忘れていました。
ところが、ふた月ほど前、近くの雑貨屋さんをのぞいたら、
せんねん灸タイプのかわいいお灸が売られていました。
(熊猫温休院 はじめての温灸 枇杷の葉)
しかもセール!!
もぐさよりも使いやすそうだし、パッケージにもつられて
買ってみました。



でも、暑い時期だったし、特別困った症状もなかったので、
そのままにしてあったのですが……

先日、またちょっとお手洗いで奮闘しておりまして(汗)
出たり入ったりしているうち、ふと、
お灸でもしてみようか、と思い立ちました。
便秘に効くツボはいくつかあるようで、
今までも、効くといわれるツボを押してみたりしましたが、
効果は今ひとつでした。
だから、本来は、そこにすえるべきかもしれませんが、
場所的にも少し面倒なところなので、気が進まず。
そこで、わかりやすく、すえるのも簡単な合谷にしてみることに。
合谷は、万能なツボといわれるので、まあ、ダメで元々で(失礼)、
と軽い気持ちだったのですが、なんか、良かったみたいです。
本当に効いたのかどうかはわかりませんが、とりあえず出ましたっ(笑)
後日、また同じような状況になったので、もう一度、やってみました。
すると……、やっぱりいいみたい。
困ったときには、これで行こう!と思っています。

2015-08-27一部削除、追記
ラベル:健康
posted by かうべる at 00:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

お灸に冷えとりで痩せるに反応・笑。

せんねん灸を持っているのでそれでも効くかしら。
合谷、覚えておきます。

また半身浴と腹八分目、私にとってはどちらも難しい。。。
お風呂はのぼせるのでカラスの行水。しかもせっかちだからゆっくり入れないんです。
腹八分目もしているつもりでも人から見ればよく食べているらしく・汗。
とにかく自己管理があまいです。
冷えとりはそんな甘い私にはできないだろうとあきらめていましたが、本を読むだけでも読んでみようかなとかうべるさんのここ最近の記事で思いました。いまさらですが<m(__)m>
Posted by 夢香里 at 2014年10月27日 20:00
>夢香里さん
お忙しい中、コメントをありがとうございます!
せんねん灸は、何をお使いですか?
今回、記事を書くときに少し調べましたが、たくさん種類がありますね。
実は先ほど、某通販に注文してあったせんねん灸が届きました。一番穏やかな「レインボー」です。

夢香里さんは、冷えとりの基本のどちらも難しいと感じていらっしゃるのですね。
でも、もしも、不調を改善したくて、冷えとりの考え方自体には関心があり、ある程度共感できるようであれば、代替えの方法は、工夫次第でいろいろあるようです。
半身浴は足湯に。靴下の問題も、先丸だけで対応するなど。
また、最初、靴下さえ履けない人は、それ以前の別のアプローチもあるそうです。

一方、腹八分目は、みなさん苦労しているようです。もちろん私も(汗)
でも、ものすごーくおおざっぱに言ってしまうと、温めることに比べたら、どうにでもなります(笑)
というのは、ニンゲン、生きている限り食べ続けるわけで、すべての食事を腹八分目にするなど、とうてい無理ですから、これは永遠の課題なのでは?
ただ、冷えとりをしていく中で、その調整方法(食べ過ぎたらどこかで控えて帳尻を合わせる、みたいな?)が、わかってくる、あるいは、それが自然とできるようになる。
それでいいのではないかと、思っています。

なお、本を読むなら、前の記事に書いた、
「これが本当の『冷えとり』の手引書」がわかりやすいですよ。
以上、よけいなお世話、なオススメ、でした!(*^_^*)
Posted by かうべる at 2014年10月28日 15:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]