2014年06月07日

かぞくのじかん2014夏Vol.28は“最後のとりで”

おととし1年間(季刊誌なので4冊)購読し、
昨年は「婦人之友」を毎月購読。
家事のやり方を模索する中、友の会のやり方を参考にしてきました。
もともと自分の中でおぼろげながら描いていたことと、共通する部分があり、
取り入れられれば、家の中がうまく回りそう。
その思いから、購読してきましたが、なかなか実行できずに、現在に至っています。

方法はわかった。
内容的にも共感できる。

問題は、それを実行すること、そして持続すること。
ブログ上でも、あれこれ書いてきたけれど、
結局、私に足りないのは「継続すること」のようです。
たしかに「内容が実態にそぐわないと続かない」けれど、
私ができないのは、残念ながら、それだけではないようで(汗)
だから、これ以上、方法を模索しても、解決しないように思うのです。
かぞくのじかんと婦人之友で紹介される内容は、
基本的なことは、すでに私は知っているはず。
あとは、できるかできないか、
いや、やるかやらないか、の問題、です。

今号の特集は「時間をかけない家事のコツ」。
またしても、私が好きそうなタイトル(笑)
書店で手に取り、迷った末、やはり買ってきました。
買ったわけは、今まで似たような記事を見てきたけれど、
もう一度、しっかり見直して、自分のやり方を決めよう、と思ったこと。
そして、もうひとつのわけは、
アドバイザーとして久間栄子さんが出ていらっしゃること。
あさイチに、スーパー主婦のひとりとして出演されていましたが、
他の方たちが、何度も出演したり、雑誌に載ったりしているのに比べ、
久間さんは、他では目にすることがありませんでした。
(たまたま、私が巡り会わなかったのかもしれませんが)
テレビに出ていらしたときの柔らかな雰囲気に、なんとなくひかれていたので、
ぜひ久間さんのアドバイスを手元に置いておきたい、と思ったのです。
(誤解のないように書いておきますが、
もちろん、他のスーパー主婦の方もそれぞれに魅力的です)
ということで、方法を探し回るのを目的に、この類いの本を買うのは、
これが最後……のつもりです。
しばらくは、今号に沿って、色々考えながら、
自分のペースを見つけようと思っています。
(と言いつつ、また買ってしまうかもしれませんが/汗)


かぞくのじかん 2014年 06月号 [雑誌]
posted by かうべる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]