2013年10月24日

頭の中が忙しいだけ

先日の、時間は“ないもの”と思え!?の続き。
やっていることは、それほど多くないのに、なんだか忙しい。
忙しいのに、充実感はない。
どうしてだろう、と考えてみた。
やっている項目が少ないのに、
それ以上に疲れてしまっているのは、
その間に、関連していることや、他のことを
「考えている」からかもしれない。
たとえば、掃除機をかけながら、食器を洗いながら、
あれもしなきゃ、これもしなきゃ、
あー、あれをやってないな、などなど。
なにかをやりながら、次の段取りを考えるのは、
能率的かもしれないが、やらなければいけないことばかりが
膨らんでいくのは、疲れてしまう原因のひとつかもしれない。
「今に集中していない」というのは、
こういうことも入るのか。
考えることをやめてみる必要があるのかも。
posted by かうべる at 00:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も何かやりながら違うことを考えてしまいます。
それって女性の習性?

確かに集中力は欠けますね。

もう少しゆったりとした気持ちでなんでもできたら楽でしょうね。

これからより気ぜわしくなる季節。
プレッシャーに押しつぶされそうです^^;
昔は出来たのに今は出来ないことが多すぎて。。。

↑の本、退職後のお勉強では???
それともやっぱりあてつけかしら。。。
Posted by 夢香里 at 2013年11月06日 21:09
★夢香里さんへ
考えることも含め、以前は自然にしていたことが、なんだかうまく流れなくて、負担に感じることが多くなってきました。
これが、年を取るということなのでしょうか。
それならそれで、うまく対処していきたいものですが、やはり戸惑いは隠せません(汗)

>↑の本、退職後のお勉強では???
ええっ?それは、考えませんでした。
友達がそう言ってたけど、どうなの?って、夫に聞いてみようかな(笑)
Posted by かうべる at 2013年11月07日 13:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]