2011年12月30日

ゆるゆる*いえしごと雑記 「朝しごと」と「夜しごと」の見直し

「朝しごと」と「夜しごと」の内容はこちら

「朝しごと」変更点
アイロンがけを「朝しごと」から外して、「すき間しごと」にしました。
嫌いな家事ナンバーワンの、アイロンがけ。
朝しごとの流れに入れてしまえば、やるようになるかと思いましたが、
どうしても、うまくいきません。
「朝しごと」に入っていると、「やったことが見えにくい」ので、
達成感(充実感)が薄れてしまうのも、一因かもしれません。
嫌いだけど頑張ってやったぞー!というのを、目に見える形にした方が良いのか。
そう考えて、「すき間しごと」に変更しました。
ヘタをすると、先延ばしにしてしまう恐れがありますが、
うまく行けば時間のすき間に組み込むこともできます。
後者に願いを託し(笑)、しばらくこれで様子を見ることにします。

「夜しごと」変更点 
「その日の家計簿つけの確認」をはずしました。
確認することは習慣化したので、
夜しごとに入れておく必要はなくなったと判断しました。
代わりに、台所のゴミ捨て(外のポリバケツへ)を、
「夜しごと」に組み込みました。

『ゆるゆる*いえしごと』の現状」で、
「夜しごと」は必要に迫られていないから、守れない、と書きました。
しかし、冷静に考えると、やはり、やっておけば、
やっただけのことはあるのです。
翌朝の動きが、確実に「スムーズ」です(汗)
「夜しごと」がうまく回っていない原因は、
ひとえに「無駄な夜更かし」。
夕食の片づけまでの家事が、以前に比べたら、うまく回っているため、
気をよくしてしまい、最後にだらけてしまうパターン。
最後の詰めが甘いのは、すべてにおいて自覚しているけれど、
なかなか直せない部分です。
現在設定している夜しごとの内容は、決して「無理がある」とは思えません。
他の予定リストに比べたら、ものすごく簡単なことばかり。
時間もたいしてかからない。
予定はこれ以上ゆるくならないほど「とてもゆるーく」できているのです。
ここは、中身をいじるよりも、「ちゃんとやる」ことに重きを置くべきかと。
来年に向けての課題です。
ラベル:家事
posted by かうべる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]