2011年12月13日

正月事始めとクリスマス

今日は、お正月に向けて準備を始める日、だそうです。
生協のカタログも、2週分、配布されていて、
明日は、クリスマス(第4週)、正月用品(第5週)を、
まとめて注文しなくてはなりません。
なんだか、急に、「年の瀬」を感じています。

何年か前から、クリスマスのことは、考えないことにしました。
気ぜわしい、かつ、空しいから、です。
年賀状、大掃除、正月準備。
世間で騒がれる、これらだけでも大変なのに、
これにクリスマスが入ると、特に20日以降、本当にバタバタで、
雰囲気を味わうどころではありません。
だから、飾り付けも、料理も、ケーキも、何もかも、なし、です。
頑張って用意しても、誰も喜ばないし。
プレゼントも、もらえないし。
それに、うちは、浄土真宗だし!?
……というのは、表向きの理由(しかも、へりくつ・笑)です。

本当の理由は、たぶん、こうです。
手持ちの、多少のクリスマス小物も、部屋が散らかっていて、飾る場所がない。
(片づけられない自分に、腹が立ち、情けなく思っている)
パーティー気分の料理などしなくても、
自分がちょっと楽しむことくらいしてもいいのに、
そんな、ちょっとの余裕さえ、ない。
(物理的にも、精神的にも、混沌としている)
クリスマスはやらない、と自分の中で、宣言しておきながら、
昔は、ここまでかたくなではなかった気がして、どうしてだろう、と
自分でも、もやもやしたり……。
この数年、体調が悪かったことも、原因のひとつかもしれません。

でも、今年は、少し、違います。
結局、自分の心持ちしだい、と思えるようになりました。
これも、ゆるゆる*いえしごとから、「見えてきたこと」です。
結局、わたしは、クリスマスの雰囲気を楽しみたいのではなく、
家族の反応が欲しいだけ、だったのかも。
自分が、ほんの少し頑張って、料理したり準備することに対し、
「報酬」(ねぎらいの言葉や反応)が欲しいと思っている。
でも、それは得られないことはわかっている。
だから、よけいに腹立たしい。
何もことを起こしていないくせに、結果を想像して、
むなしさを募らせていたのでした。
クリスマスは、世間の楽しげな雰囲気と比較するから、
よけいに、腹が立ったり、空しく感じたのです。

自分が楽しみたければ、方法は別にあるかもしれない。
逆に、やらないなら、やらない、で、
誰に気兼ねすることも、引け目を感じることもない。
よく考えれば、わたしは、ローストチキンが食べたいわけでも、
プレゼント交換をしたいわけでも、
クリスマスパーティーをしたいわけでもないのです。
ちょっぴり、クリスマスっぽさを味わいたいだけ。
ちょこっと、部屋を飾れば、たぶん、それで満足。
それがわかったら、なんだか、とても簡単なことに思えてきました。
だから、来年は、せめて、小物のひとつも飾ろうかと。
今年は、間に合わないのでね。
とりあえず、飾れるように、部屋を整えよう、と。
手持ちの小物に、日を当ててやろうかと思います。
ああ、鬼に笑われそう(笑)
ラベル:四季折々 家事
posted by かうべる at 20:52| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私の実家も浄土真宗のせいか?、クリスマスは何もなかったです。
あのJRの有名なクリスマスCMが流れ始めたぐらいから恋人とクリスマスをおくるが定番になり、外食に行くというのが私たちのまわりでも流行りました。
そして今は家でのクリスマスが主流なような。
まわりがものすごくクリスマスムードなのに焦って私も年々飾りつけをはやくしなくちゃと思ってしまいます。
私の中では12月1日と決めていたのに。

もう子供は喜ばないし、自己満足の世界なんだけれどやり出すと儀式のようなものでやめることができなくなる。
今年は私も腰痛なので無理のない程度でキッチンに立ちたいと思うのでクリスマスは冷凍のチキンをレンジでチンするという手抜き。
多分それでも家族は文句を言わないと思います。
自己満足の世界でしょうか。
あともう一つは生活にめりはりをつけるため?

年末の毎年恒例の夫の友人を招く行事も今年はパスしてもらうようお願いしました。
できる範囲でしなければやはり心にも体にも無理が出ます。
やりたいという気持ちとやらなければいけない気持ちを天秤にかけて何事も今年はしようと思っています。

物も情報もあふれる現代で自分に必要なものを(行動も含めて)探すだけでも一苦労ですね^^;
なんだか長々と書いてしまいましたm(__)m
Posted by 夢香里 at 2011年12月17日 00:02
追記です。

今日、私も家事についての記事を書きました。
そこでかうべるさんの名前と「家しごと」という言葉を使わせてもらいました。

事後報告になりますが、ご了承ください。
またよかったらご指摘くださいね^^
Posted by 夢香里 at 2011年12月17日 11:50
度々すみませんm(__)m

書いてアップしたはずの記事がアップされていません、泣。
少し遅くなりますがまたアップしたらのぞいてやってください。
しつこくてすみません^^;
Posted by 夢香里 at 2011年12月17日 11:55
解決しました。。。

以前、下書き保存していたので12/6の記事になっています。
なのでトップの画面には出てなかっただけでした。
ほんとにおっちょこちょいですね^^;

4度も書き込みして申し訳ないですm(__)m
Posted by 夢香里 at 2011年12月17日 12:38
> 夢香里さん
ご実家では、クリスマスはしていなかったのですね。
わたしは逆で、社会人になるまでは、毎年母が、なにかしら、クリスマスっぽいことをしていました。
(料理に関して、ですけれど)
父も、喜んでいたし(文句を言われずに、お酒を飲めるから、でしたが/笑)。
だから、結婚してから、一変してしまって、カルチャーショック、でした。
子供ができれば、それもまた違っていたかもしれないけれど、
そんな機会もなくて、今まで来ています。
>もう子供は喜ばないし、自己満足の世界なんだけれど
大学生の息子さんが2人いる友人も、同じようなことを言っていました。
でも、特に喜びはしないけど、いやがったりもしないって(笑)
だから、やりたければ続ければいいし、生活のメリハリは、必要だと思うのですよね。
だから、内容がどうのではなくて、自分の気持ちに正直に、できる範囲で楽しめば、いいのですね、きっと。
夢香里さんの腰、かなり重症なのでは?
少なくとも、わたしよりずっと、つらそうですね。
無理は絶対せずに、体とよく相談してやっていってくださいね。
(って、人の心配をしている場合ではない気もするが/苦笑)

家事の記事、ざっと拝見しました。
あんなにスタイリッシュで、簡潔な記事中に、うちのリンクを入れていただいて、恐縮です(滝汗)
「家しごと」という言葉は、わたしも「かしこい家しごと」(ベターホームから出ている本)から、拝借しているんですよ。
もっとも、それ以外にも雑誌等で使われているみたいだから、
誰が使ってもいいのでは?
ていねいな報告をいただいて、これまたありがとうございます!
あとでまた、じっくりと読ませていただきますね。

Posted by かうべる at 2011年12月17日 18:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]