2011年11月10日

読んでいます

先日買った「マンボウ家族航海記」(北杜夫著)を読み始めました。
マンボウ家の家族を描いたエッセイです。
いきなり「葬式」の話には、驚いたけれど、
斎藤輝子さん(斎藤茂吉の妻、北氏の母)の、
お元気でTVに出ていらっしゃった頃の姿が
思い出されます。
そして、昔、私が読んで好きだった話
(小さい娘さんとレストランに入って、
彼女が、かにサラダを注文した時のこと)
が出てきて、またまたびっくり。
わたしが読んできた、過去の北杜夫氏のエッセイをたどりつつ、
それ以後の、ご家族のエピソードにふれられるとは、
なんだか、一粒で二度おいしい心持ちです。
ラベル:
posted by かうべる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]