2009年11月29日

こんなこともある

ネット上をふらふらしていたら、
どこかのお寺さんのサイトに、
「新しくご縁ができたお宅へ行ったら、
仏壇にご本尊がなく、位牌だけがたくさん並んでいて驚いた」
というようなことが書かれていました。
お寺さんにとっては、こりゃもうびっくり、でしょうけれど、
実家の仏壇も、昔は似たようなものでした。
私が小さい頃、
わけあって、父方の祖母の仏壇をうちで預かっていたのですが、
預かっている間に、弟が病気になりました。
すると、「そのご本尊があるからいけないのだ」と言う人が現れ、
両親は、仏壇はそのままに、ご本尊だけを、親戚に預けました。
その後、弟が死亡。
弟の位牌が、お仏壇の中に入り……
以来、約30年、ずっとその状態でした。
だから、実は、私はご本尊をあまり拝んだことがありません。
お寺は、法事の時しか行かないし、
行っても、そんなにじっくり見ることはありませんしね。
父が死んだときに、縁あって、あるところから、ご本尊がやってきました。
おかげさまで、母のところにある祖母のお仏壇には、
今では、ちゃんとご本尊がいらっしゃいます。
こんな話も、先述のお寺さんが聞いたら、びっくりな話でしょうけれど、
私としては、うちみたいな家が他にもあった、ということのほうが、
びっくりです(苦笑)
ラベル:仏事
posted by かうべる at 17:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。