2009年11月12日

お習字

筆ペンで、お習字の練習をしています。
年賀状用に……ではなくて、
義父の法名を、過去帳に記さなくてはいけないからです(汗)
基本的には、自分たちの記録用。
それに、私たち、一代限りで終わりですから、
今後、子孫に残す、ということもなし。
何でしたら、サインペンでも良いくらいですが、
この先、何かの拍子に、お寺さんに見せるようなことがあるかも、
と思うと、一応、筆文字の方が良かろう……。
そんなわけで、一生懸命?しています。
しかし、まっすぐ縦に、線が引けない私。
根性が曲がっているんでしょうか(ううっ)。
七七日までには、記入したいと思っているのですが、
あと、一週間では、無理かもしれないなあ。
ラベル:仏事
posted by かうべる at 21:35| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
かうべるさん、こんばんは

義父様亡くなられたんですね。
お嫁さんとしてはいろいろ大変なんだということがかうべるさんの最近の日記でよくわかりました。
悲しむ暇もない手続きの数々、なんだか複雑な気持ちで読みました。
それにしても過去帳ってお寺のお坊さんが書くものだと思っていました。
自分で書くとなると確かにささっとは書けないですね。
Posted by 夢香里 at 2009年11月15日 17:09
> 夢香里さん
本来、夫がすべきことまで、私がしている(させられている?)ところが多くて、
仕事が増えている気もしますが(苦笑)
それでも、おかげさまで、だいぶ片付いてきました。
過去帳の記入は、ケースバイケース、だそうですよ。
うちの場合、「葬儀の時だけのお寺さん」だったので、
書いてもらうお寺さんがない、というのが実情です。
でも、おつきあいのあるお寺さんがあっても、
「自分で書いてください」と言われることもあるらしいです。
ああ、お習字を、まじめにやっておくのだった〜(後悔)
Posted by かうべる at 2009年11月15日 17:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。