2009年11月05日

ちかいのうた(重誓偈)その後

あれから(こちら参照)のち、三度ほど、唱えてみました。
しかし、「意訳」とは言っても、いまひとつ、意味がわかりません。
そこで、ネットで、「現代語訳」を見つけ、照らし合わせて、
ようやく、少しわかってきました。
この作業をしていて、ふと、
今までも、こんなことをしたことがあるなあ、
と考えてみると……、思い出しました。
イタリア歌曲とか、ドイツリートを勉強した時だわ!
わけわからない原語。
歌に合うように、日本語の歌詞をつけたもの。
そして、メロディーには乗らないが、原詩を正しく訳した日本語の詩。
それらを、照らし合わせて、意味をかみ砕き、理解しようと試みる。
一応、辞書も引いてみたり。
しかし、歌うときは、結局、丸暗記。
それで、四年間、よくぞ乗り切った、わたし(笑)
それを思えば、お経、聖典も、なんのその、です!?
ラベル:仏事
posted by かうべる at 20:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。