2018年05月20日

「今しなくていいことはしない」について

以前、「困った時に唱える呪文」というのがありました。(こちら参照)


あるべきものは、あるべき場所へ。
やるべきことは、やるべき時に。

というものでしたが、いつの間にか魔力が消滅。
言い訳をすると、「呪文」としては、けっこういい線行っていたと思うのですが(笑)、私にとっては、今ひとつ、曖昧な呪文だったようです。
ふたつのことがセットになっていて、ある意味複雑だったし、当時はあくまで家事中心に考えていたので、応用がきかなくなったのかもしれません。

現在、それに変わるものは、

シンプルに暮らすための基本
1)定番を決める
2)必須の時間を取り置く
3)苦手なことはたんたんと
4)今しなくていいことはしない

の4つ目、「今しなくていいことはしない」です。
呪文の「やるべきことは〜」との違いは、言葉の問題だけ(「やること」中心にするか、「しないこと」中心にするか)、とも言えますが、生来ズボラな私は、「しないこと」の方が魅力的であり、身近に感じる模様(滝汗)
「しなくていい」と言われると、なんだか気持ちがラクになります。

たとえば、食後にだらだらとテレビを見ている時。
ふと我に返って、今しなくていいことだ、と気づくと、不思議と立ち上がることができます。(これが、ああ、お皿を洗わなくては……だと、なかなか立ち上がれないのです。)やる気の問題(やる気を起こさせるには?)、ととらえるよりも、条件反射的に動けるのが、自分でもおもしろいです。(うまくいかないこともありますが/苦笑)

また、やることが複数あり、優先順位をつける場合に、しなくていいことをそぎ落としていくと、一番大事なことが見えてきます。これもおもしろいもので、最初から優先順位1番を選ぼうとするよりも、的確に「一番」を選び出せます。
よくわかりませんが、この方式は、ズボラならでは、なのでしょうかねえ(汗)

らくらく毎日2018(改訂版)
ラベル:らくらく毎日
posted by かうべる at 12:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月13日

かつての「今の気持ち」

ふだん使っている本棚の整理をしていたら、古いメモが出てきました。
2012年4月18日の日付です。

------------------------------------------
今の気持ちメモ
靴は通販では買わない
フルートはまたやってみたいかも
着回しを考えないのもひとつの選択
------------------------------------------

二番目のフルートのこと以外の二点は、現在は、解決済み。
解決、というか、まあ、自分でどうすれば良いか、気持ちが決まっています。
靴に関しては、フットケアに通い、靴屋さんで足の測定をしてもらって、自分の足の特徴を正しく知って以降は、実店舗で、慎重に選ぶことにしています。
服の衝動買いは、今もたまにしますが、靴だけは、それはまったくなくなりました。
着回し〜は、することがおしゃれだと思っていた時期があったり、大げさに言えば、着回せない人はダメな人、みたいに感じていたこともありましたが、紆余曲折を経て、今は、こんなふうになりました。
フルートは、今でも同じ気持ちでいます。いつかまた、楽器ケースのふたを開けられたら、という気持ちは変わりません。
現実は難しいですけれども。


ラベル: らくらく毎日
posted by かうべる at 18:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月11日

定番はモノだけではない

らくらく毎日。シンプルに暮らすための「基本」は4つ。

1)定番を決める
2)必須の時間を取り置く
3)苦手なことはたんたんと
4)今しなくていいことはしない

「定番」とは、いつも決まったモノを買う、使うなど。
あるいは、同じ傾向のモノを買う(例:雑貨やインナーなど、色に迷ったら、白か黒にする)。……というように、モノを考えがちですが、
考え方の基準(物差し)も定番化するとかなりラクなことに気づきました。
先日話した(こちらの記事下の方)、「普段着は『清潔』と、ある程度の『年齢相応』に気をつける」というのもそのひとつ。
以前は、行き先(至近距離のスーパー、車で10分のショッピングモール、仕事、電車に乗るか等)によって、そのつど、あれこれ迷いましたが、現在は、さあ出かけよう、と言う時点で、
「今着ている服は、清潔+年齢相応か?」
と自分に問いかけます。
そもそも、「いつでもワンマイル着(ホームウェアとワンマイルウェアは区別しない)」と(このころに)決めたのも、「考え方の定番」です。
ただ、それだけでは、おおざっぱすぎ。
ちょっとくたびれてきた服なども、日常にはあるわけで、そのあたりの線引きがもうひとつ欲しいところでした。
そこで、「清潔+年齢相応」の物差しが登場します。
面白いもので、「ちょっとくたびれてきた服」というのは、洗濯すると復活するんですね(笑)
何日か着て、だいぶよれよれになってきたな、と思っても、洗濯してパリッとしたのを見ると、あら、まだ大丈夫じゃないの、思ったりします。
同じ服でも、大丈夫な時(洗いたて)と、ダメな時(何日か着用した)で、ジャッジが変わるのです。
いずれにしても、判断材料は「そこ」だけ。
もともと、どれが似合うとか、組み合わせるとかを考えるのは、本当に苦痛でした。ひどい時は、そのせいで、出かけるのが面倒になることもありました。(どれだけズボラなんですか、というツッコミは、なしでお願いします/苦笑)
でも、このように決めたおかげで、服選びがラクになりました。

定番を決める。
服の組み合わせとか、行き先に合わせて服を決めておく、など「モノ」を決めておくのもひとつの方法だと思うけれど、
「清潔+年齢相応」という定番(考え方の物差し)の方が、私には、うまく使い回せるような気がしています。
衣類の話で説明しましたが、片づけや、料理などにも、そうした場面があるかと思います。
機会があれば、具体例など記事になるかもしれませんが、まあ、機会があれば……です(笑)
ラベル:らくらく毎日
posted by かうべる at 15:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月10日

リビング用お掃除シート

少しずつ、「のだめ部屋」の片づけ、整理、をしています。(こちら参照
当然のことながら、片づけだけでなく「掃除」も必要。
特に、クローゼットのとびらの汚れが、前々から気になっていました。
さっと水拭きをすれば、まあまあきれいになることは、わかっているのだけれど、とびらにある、よろい状のすき間の汚れを取るのは、手間がかかり、そこまできれいにしようとすると、けっこう大変。

1)のだめ部屋へ入る
2)あ、クローゼットのとびら、きたないなあ
3)拭こうかなあ
4)ぞうきんを取りに行かないと……ぬらさないと……あの雑巾では、すき間の汚れは取れないなあ(厚くて)
5)断念!!
を何度繰り返したことか(苦笑)

ところが、ある日。
「リビング用お掃除シート」を買ってきて、ピアノの上に置いておけば、ちょこっと掃除ができるのではないか?と思いつきました。
薄手のシートなら、よろいのすき間にもすっと入りそうなので、拭きやすいのでは?
家事の色々をシンプルに変えてきて、考え方もだいぶ柔軟になったつもりでしたが、「使い捨て」にはまだ抵抗があったようです。
今回、「リビング用お掃除シート」を思いついたのは、かなり画期的(笑)
さっそく、ホームセンターで買ってきて、のだめ部屋に置いておいたら、あーら不思議。
2,3日のうちに、手が届く範囲のとびらは、けっこうきれいになりました。(上の方は、椅子に乗らないと届かないので、まだやっていません/汗)
ピアノを弾いていても、気持ちがいいです。
こんなにすっきりするなら、早く拭けば良かった。
むだなストレス。まだまだ、こんなところにありました。

らくらく毎日2018(シンプルでムダなストレスのない暮らし)
ラベル:らくらく毎日
posted by かうべる at 15:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月05日

衣類リストその後(衣類の適量は?)

衣類リスト(完全版)ができてから、1年半ほど過ぎました。
その間、月に一度程度は、ざっと見直し。
衣替えの時期は、リストと照らし合わせて、適宜、在庫チェック。
途中、購入(追加)、買い替え、処分があった時には、そのつどリストを変更。

1年半経って、衣類数が変化したかと思いきや、昨日数えたら、まったく同じ133でした。
途中、140以上に増えたことがあり、その後、ざっくり減らしたつもりだったので、減ったと思っていたのですが。
減ったアイテム(チュニック、ワンピース、セーター)がある一方で、ベストや半コートが増えています。
でも、点数は変化なしですが、内容的には、必要なものがそろいつつあるので、一応納得しています。
とは言っても、まだ多すぎると感じています。
前にも書きましたが、リスト(画像無し)を見ても、どの服なのかパッと思い浮かばないのがあるし、収納場所も、ほぼ満杯。
理想の持ち数は、100くらいなので、もう少し工夫したいところです。
(具体的には、昨夏、腕の不調で、ほとんど着ることができなかった「Tシャツ類」の取捨選択をする予定)


さて、余談ですが、先日片づけをしていて、原由美子さんの切り抜き(くらしの手帖)を発見。
それには「自分がどう見られたいかを考えて着るのがファッション……」とありました。
だとすると、私はファッションに興味がないので、原さんからすると、「どう見られたいか」という視点が欠けていることになるのかもしれません。
それが、人間としてどうなのかは、わかりませんが(滝汗)、個人的には、普段着では「清潔」とある程度の「年齢相応」、冠婚葬祭では、「主催者に失礼でないように」だけは気をつけようと思っています。
「どう見られたいか」については、仮に着飾っても(取り繕っても)、すぐに化けの皮がはがれると思っているので、実はあまり気にしたことがありません。でも、周りの人を不快にさせるのは、大人としてはどうかと思うので、その最低限をクリアするための基準が、さきほど述べたこと。
センスのないオバチャンには、それが精一杯なのです(汗)
ラベル: らくらく毎日
posted by かうべる at 14:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする