2014年08月30日

本の記録(2014年8月)

☆読み物以外の本も含まれます。
☆読みかけ、または、挫折した本も含まれます。

「粗食」のきほん〜ごはんと味噌汁だけ、あればいい〜
佐藤 初女/幕内 秀夫/冨田 ただすけ  ブックマン社


(140819図書館)


銀の匙12巻 荒川弘 小学館

(140822購入)

作者の家庭の事情により、雑誌の連載がしばらく滞るらしい。
残念だが、ひたすら待つことにする。


天然生活 VOL.117 2014年10月号 地球丸

(140822購入)

特集「年間、お洋服計画2014」
友の会の会員さん以外の人の、衣類の持ち数に興味を持って、買ってみた。
3人紹介されていて、おしゃれさんたちなのだろうから、かなり多いのでは、
と思ったけれど、300弱、170、そして70以下の方も。意外に少ない。
(本書の集計には巻物が含まれていたが、
友の会、および自分の衣類調べには含めていないので、除いて数えてみた)
もちろん、自分で管理できているなら、多くても問題はないはず。
私の持ち数、8月現在148。
衣類リストもできあがったし、一応、何があるかは、わかっているつもりだが、
中身の取捨選択は、まだ必要。
でも、衣類のことを考えるのが、少し楽しくなってきているので、
冷えとりをからめつつ、なるべく長くつきあえる服を選んでいきたい。
posted by かうべる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月29日

実録「しゅくだい協奏(きょうそう)曲」

太郎はお盆明けから、宿題に取りかかっていましたが、
次郎は今日になって、あわてて始めたようです。
朝から二人で、宿題の大合唱。
協奏、競争、狂騒?曲をお楽しみください。


その1 白プリモたち(よい子)
太郎「しゅ・く・だ・い?」
次郎「のーってきたぁー!」
太郎「まかせてよー!」
次郎「グゥー!グゥー!」


その2 黒プリモたち(悪ガキ/笑)
次郎「しゅくだい いやあだー」
太郎「あそぼあそぼ!」
次郎「はなび いこう!」
太郎「たーのしいー!」


その3 宿題うけたまわります(宿題ひきうけ株式会社)
太郎「しゅ・く・だ・い?」
次郎「すごっ!」
太郎「まかせてよー!」
次郎「うんうん」


その4 正反対
太郎「しゅ・く・だ・い?」
次郎「しゅくだい いやあだー」
太郎「まかせてよー!」
次郎「ゆかたっ ゆかたっ!」


……というわけで、太郎はたぶん、もう宿題は終わったと思います。
ずいぶん前から、やっていましたからね。
問題は次郎。
いやはや、日曜日(31日)までに、終わるのかな。
次郎くん、わたしは、手伝いませんよ!?(笑)
posted by かうべる at 22:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月27日

食べない選択

以下の記事は、特定の書籍等を批判するものではなく、
単に、個人的な感想です。

数日前、新聞を見ていたら、書籍広告が目に入りました。

「病院に行くほどではないのだけれど、何だかからだの不調を感じる……
誰にでもそういうコンディションのときがあるものです。
『そんなとき、何を食べたらいいの?』という問いに……(以下略)」
「風邪/食欲不振/胃腸の不調/便秘/(中略)……ほか様々な症状に対応」

などと、書いてあります。
体調が良くないときのためのレシピ本のようです。
それを見た瞬間、思ったのは
「食欲不振(食べたくない)なら、食べなければいいのでは?」

冷えとりを続けてきた中で、食べることの問題は、
大げさに聞こえるかもしれませんが、
それまでの自分の常識とのせめぎ合い、でした。(今も?)
・朝ごはんは、食べなければいけない
・三食規則正しく食べること
・栄養バランスを考えること
・果物はビタミンCが豊富
・カルシウムを取るには、牛乳が一番……などなど。
それらを、ちょっと違うかも、と思うようになり、
自分の体(おなか?)と相談しつつ、失敗しつつ、
それでも、うまく説明できないけれど、少しずつ、つきあい方がわかってきて、
今に至っているように思います。
食事量や、好み(油ものからさっぱり味へなど)の変化は、
ちょうど人生の転換期(更年期、とも言う/笑)と重なっているので、
冷えとりだけのせいではないと思いますが、実感しています。
がまんして、食事制限をするのはつらいけれど、
がまんしなくても、自然に食事制限状態になるというのは、
おもしろいなあと思います。

現時点での、私のごはんの食べ方(食事の取り方)は、
ふだんは、こころがけは腹八分。
八分、と言っても、それに合わせて作るので、毎回完食(笑)
外食等で食べ過ぎたら、次の食事は控えめ。
控えめ、とは、全体量を減らしたり、汁物だけにしたり。
あまりにも、お腹いっぱい食べた場合は、一食抜くこともしますが、
それはめったにありません。
(抜くときは、白湯を飲むようにします)
体調が悪いときも、方法は同じです。
一説によると、「消化」は、フルマラソンと同じくらいのエネルギーを使うそうです。
たくさん食べると、体は消化にエネルギーを使ってしまい、
病気(不調)を治す方には手が回らなくなってしまうとか。
そこで、小食に(あるいは極端ですが絶食)すると、
消化器を休ませ、その分のエネルギーを、不調の回復へ回すことができるのだそう。
うさんくさいなと思いつつ(笑)、そうかな、とも思いつつ、
機会あるごとに、試してきて、今では、そうかも、と思っています。
少なくとも、私には、こんなやり方が合っているようです。

追記:
冒頭の書籍広告の本ですが、少し調べたところ、
医食同源や食養生にもふれている(基づいている?)そうなので、
もしかしたら、考え方は私が思っているのと同じようなことなのかもしれません。
機会があったら、目を通してみたいです。
ラベル:健康
posted by かうべる at 16:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月26日

びっくりするほどぴったりフィットの「バリ」

お気に入りのビルケンシュトックのバリ。
今年は、大活躍です。
ここまで履きやすい靴(サンダルですが)は、今までにあったかどうか。
そのくらい、何の不満もない靴です。
そのわけが、今日、わかりました。
出先の、お手洗いで……
ビロウな話で恐縮ですが、和式のお手洗いに入りまして(笑)
ふと、足元を見ると、内側のライン(親指から土踏まず、そしてかかとへ)が、
それはもう、みごとなほど、ぴったりと合っているのですよ。
これには、びっくり。
最初のビルケン(フットプリンツ)を買ったとき、店員さんから
「最初は少し違和感があるかもしれませんが、はいているうちに、足の形に合ってきます」
と言われました。
(その時買ったフットプリンツのスニーカーは、諸事情により、そこまで履きこんでいません)
こういうこと、だったのですね。納得。
左足親指の痛み問題は、まだ続いていますが、バリがあれば大丈夫。
あとは、お天気が良ければ、そして、寒くなる前に指が治れば……ですが。
ラベル:健康
posted by かうべる at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

のだめ部屋掃討作戦開始

幾度となく挫折してきた、この部屋の片づけ。
今回の作戦で片付かなければ、永久に片付かないかもしれない。
そのような覚悟で臨むこの戦い(笑)
ああーああー、この人、またやってるよ〜
と言われそうですが、はい、またやります。
第1次の期限は9月末日。
目標は「調律師さんに入ってもらえる部屋」にすること。
第1次、というからには、第2次も想定しているわけでして。
実は、のだめ部屋。今までとは使い方を少し変えたいと思っていて、
そこまでするには、調律(10月)までには、とても間に合わない。
そこで、まずは、普通に片づけることを目指します。
でも、去年も同じこと言っていたんだよなあ(汗)
いやいや、今年こそは、頑張ります。

やり方は、
一日20分(正味15分)。
とにかく、部屋のものをどうにかする。
やったことを、ノートに記録する。

こんなアバウトな計画で大丈夫なのか、と不安もよぎりますが、
あまりに悲惨な状況で、今の段階では、計画の立てようがないのです(滝汗)
そこで、今後の見通しが立てられるまでは、とりあえず「何か」する。
数日、これを続けてみて、うまくいきそうになかったら、
次の策を考えることにしました。

で、さっそく本日から開始。
今日は、
・時計の電池入れ替え
・ピアノの上に出したままになっていたCDの片づけ
・書類の依頼の準備(仕事関係)→この部屋にあるものを使う
・ポーチを収納
の4つをやりました。

これで片づけ?というつっこみは、なしでお願いします。
とにかく、目についたところから、地味に攻めていく作戦なので(笑)
いやはや、こんな具合ですが、どうかなま温かく見守ってください。


※のだめ部屋とはなんぞや?という方は、「のだめ」で記事検索してみてください。
過去の記事がいくつか出てくると思います。
セルフサービスで申し訳ないですっ(汗)
posted by かうべる at 21:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月16日

お祭り屋台のおねえさん

かうべる母宅にて。

花子「くるくる くるくる」
かうべる「?」
花子「まぜまぜするの」
かうべる「??」
花子「ふわふわーって」
かうべる「???」
花子「あまーいの」
かうべる「ねえねえ、花子ちゃん、何作っているの?」
花子「…………」

プリモコロネの花子ねえさん。
ふわふわあまーいの、ひとつ、くださいな!

母の話では、花子ちゃんは、ときどき「これ」を作っているそうですが、
一度もくれたことはないそうです(笑)

※会話の言葉はうろ覚えなので、違っているかもしれません
ラベル:プリモコロネ
posted by かうべる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月11日

気の持ちようで、なんとかなるもの

次郎「さみしいです。あきてきちゃったよう」
かうべる「どうした、次郎くん。さびしくないよー、ほらっ!!」
次郎「だいじょうぶ だいじょうぶ」
かうべる「ねっ!大丈夫だと思えば、大丈夫なのよ!」
次郎「そうですかー」
うまい具合に、言いくるめられた(?)、次郎でした(笑)
ラベル:プリモピース
posted by かうべる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月09日

「いつもの家事」のこと

先日来、「“いつもの家事”ボード」を使っている話をしていますが、
家事のどこまでが「いつもの」なのか、まとめておこうと思います。
私の場合、これらがだいたい、滞りなく回っていると、
物理的にも心理的にも、平穏な暮らしができるようです。

いつもの家事の内容
【週しごと】
1)浴室拭き布洗濯
2)洗面所コップ洗い
3)備蓄水入れ替え
4)掃除機フィルタ交換
5)玄関掃き
6)テレビ、電話ディスプレイの拭き掃除
7)トイレ(ブラシ掃除)
8)トイレ(床ウェットシートモップかけ)
9)ガス台掃除
10)布団乾燥
11)鍋つかみふきん洗い

【衣】
シーツ洗い(シーツ、枕カバー、バスタオル、バスマット)
衣類片づけ(当日、前日に着た服の手入れ、片づけ)
洗濯物片づけ(当日、前日の洗濯物片づけ)
アイロンがけ

【食】
お茶(麦茶、発芽はとむぎ茶など煮出すお茶作り)
炊飯(2、3日に一度)
冷凍(主に自家製冷凍品の処理=トレイからパックへ移すなど)
解凍(例:夕食分の素材を、冷蔵室へ移しておくなど)

【住】
モップがけ(火、木、金)
掃除機がけ(月、水、土)
ベランダ掃除
買い物
買い物片づけ
ふろ掃除

【家計・事務】
生協注文
家計簿つけ


以上、細かいことが色々ありますが、こうして目に見える形にすると、
今、何をしなければいけないか、何をするとあとがラクになるか、
そして、この他に何ができるか、が、とてもよくわかります。
もっとも、これらをこなしたからと言って、すべてがうまくいくわけではありません。
先延ばしにすることも、ちらほら出てきます。
でも、うまくいかなかった(やらなかった、できなかった)理由がはっきりするので、
自分自身、納得でき、無意味な落ち込みも回避できます。
「いつもの家事」を把握することは、仕事をこなすことと同時に、
「やろうとする気持ちを維持すること」に役立っているように思います。
posted by かうべる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月08日

ダメだった&「バリ」はすごい

おととい、母にビルケンシュトックのサンダル(バリ)を貸しました。
が、やはり、合わなかったようです。
予想通り、フットベッドの硬さがネックのようす。
ある程度はいて、慣れてくればなじむかもしれない、とも思うのですが、
母くらいの年齢の足に、なじむかどうか。
それに、なじむまでに別の問題が出てこないとも限らないので、
強くは勧められない気がします。
ただ、はいたのは「私のバリ」なので、すでに私の足仕様になっているとも言えます。
新品なら、その点は変わってくるかもしれないけれど、
「コルク」の足底自体に抵抗感があるので、残念ですが、ちょっと無理そう。
母も指の開放感は気に入っていたので、残念そうにしていました。
指の開放感があって、もう少し違うタイプの足底のサンダルがあると良いのですが。

ところで、今日は、私がバリをはいて、はるばる銀座まで出かけてきました。
(SNOOPY in 銀座2014へ)
例の左足親指の痛み問題があるので、靴をはいていくのが心配だったのです。
今朝は、幸い、痛みは感じていなかったのですが、途中で痛くなると困るので、
バリをはいていくことにしました。
バリをはいて電車で遠出するのは初めてだったし、7000歩以上歩いたのも初めて。
でも、まったく疲れを感じませんでした。
なんだかんだとほぼ毎年、SNOOPY in 銀座には出かけていますが、
いつも、足腰くたくたになって、帰ってきます。
それが、今年は、足の状態が悪いにもかかわらず、
「長時間靴をはいて歩くこと」に関しては、まったく問題なく帰宅。
これには、自分でもびっくりでした。
ビルケンシュトックって、やっぱりすごいかも?
ラベル:健康
posted by かうべる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月06日

バリを母に貸す

最近、右足薬指が痛い、という母。
私の「バリ」(ビルケンシュトックのサンダル)を見て、「ちょっとはかせて」。
はいてみたら、指が自由で、履き心地が良さそうです。
母のふだんの靴サイズは24cm。
一方、バリは38(24.5cm)で、きもち大きめですが、
ベルトの締め具合で、38で良いか、37にするか、迷うところ。
欲しそうにしていますが、こういう類いのサンダルをはくのは、母は初めて。
いきなり買うのはちょっと勇気がいるかな
(履き心地も、だけれど、合わなかったら、お財布が痛いかも)……と思い、
少しはいて、外を歩いてみたら?
と、私のバリを置いてきました。
私は、というと、靴下を一枚脱いで、母のスニーカーをはいて帰ってきました。
はたして、母の足は、ビルケンに合うでしょうか?
ラベル:健康
posted by かうべる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月04日

「“いつもの家事”ボード」を使ってわかってきたこと

家事に関する試行錯誤の中で、一番有効なアイテムと言っていいほど、
わかりやすく、役に立っている、“いつもの家事”ボード
これを使うようになって、わかったことは、
「私は、思ったよりも、ちゃんとやっている」ということ。
(あくまで、思ったよりも、です)
今までは、一日の中で「やらなければ」と思っていたことを、すべて終えたことがなく、
いつも、何かしらの仕事が残っていました。
翌日どころか、何日も持ち越す仕事も多くて、
どんどん、やることがたまっていく。
そんな自分に、疑問を感じ、自信をなくしていきました。
ところが、“いつもの家事”ボードを使うと、
仕事量の把握が正しくできるので、仕事が残ってしまうことが、
ほとんどないのです。
あるいは、仕事が残ったとしても、「やったこと」の証もちゃんと目に見えるので、
はあ〜、やっぱり今日もできなかった……
というマイナスの自己評価で一日が終わることは、ほとんどありません。
仕事が残ってしまった正当な理由がはっきりして、
これならしかたない、と思うことができ、
それでは、この仕事は、明日やろう、とか、
3日後の予定に組み入れよう、とか、
冷静に、客観的に判断することができるようになりました。

「毎日すべきこと」がこなせないのに、「のだめ部屋」が片付くはずはありません。
あの部屋が片付かないわけが、やっとわかりました(滝汗)
posted by かうべる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月02日

“いつもの家事”ボード

以前、お試し中ということで紹介した新しいアイテムですが、
その後も使い続けていて、
「ためないくらし」作りに、一役買っています。
改良して、今は、こんな感じになっています。

“いつもの家事”ボード
704-m.jpg


名前の通り、「いつもする家事」のリスト兼チェックのためのアイテムです。
その日の最低限のすべきことが、このボードにおさまっているので、
仕事量の把握がしやすく、とてもわかりやすいです。
「その日の最低限のすべきこと」なので、
これだけはやらなければいけないことですが、
裏を返せば、これだけやれば、今日一日は、なんとか回っていく!
(することはたまらない)、ということ。
このボードを導入して以来、
一日の終わりを充実した思いで迎えられる日が多くなりました。
そんな大げさな、と思われるかもしれませんが、
このスッキリ感には、我ながらびっくり、なのです。

材料は、ホワイトボードとマグネットボード。
(すべて、うちにあったものを利用したので、材料費ゼロ円/笑)
マグネットボードをカットし、仕事を書き込み、
適宜、動かして貼り付けるだけ。
「お試し版」では、付箋紙を使いましたが、
ペラペラするのが嫌だったので、作り替えました。
(どちらにしろ、見栄えは良くないですが/汗)

前日か当日の朝、「すること」欄(中央)に、その日にすべきことをリストアップし、
やり終えたら、「終わったこと」欄(右)に移動させる。
それだけです。
左の欄は「お休み」と書いてありますが、
ここは、やらなくていい仕事のコマを、待機させておく場所。
今日は、これは、やらなくていいのだ!というのが目に見えるのも、
意外に気持ちを楽にさせてくれます。

家事を滞りなくできる人は、こんなことをしなくても、と思うでしょうけれど、
できない人(私)にとっては、なかなか、なアイテムです。
しばらくは、これを使って、「ためないくらし」を目指そうと思います。

----------------------
・このボードは「あんなこと」や「こんなこと」を考える中で生まれたアイテムです

・もともとは、こちらで紹介されていた「お手軽家事ボード」
これをアレンジさせていただいて、今の形になりました。
ありがとうございます。
posted by かうべる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月01日

腹巻コルセット

腹巻は冬のアイテム。
そう思っていたのは、もう過去のこと(笑)
「温めアイテム」であるのはもちろんのこと、
最近は、腰に違和感(つったような感じとか)があったら、
着用することにしています。
思えば、私がぎっくり腰になったのは、夏、でした。
何かの拍子に、小さくギクッとしたり、つり感を覚えたり。
そんな時には、コルセット代わりに絹腹巻!
不思議なことに、半日くらいすると、いつの間にか治っています。
そもそも、ぎっくり腰も冷え(血の巡りが悪い)から来るものだそうなので、
ぎっくり系は、温まれば治るのかもしれません。
ちなみに、絹腹巻は、直接肌に触れるように着用しています。
以前は、腹巻は、なんとなく下着の上(2〜3枚目)にしていたのですが、
せっかく絹なのだから、1枚目がいいのでは、と気づいたしだい。
絹は、なんとなく安心感があります。
ラベル:健康
posted by かうべる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする