2014年07月30日

本の記録(2014年7月)

☆読み物以外の本も含まれます。
☆読みかけ、または、挫折した本も含まれます。


ボールペンだけで描ける! 簡単&かわいいイラスト (趣味Do楽)  NHK出版

(140701購入)


ペコロスの母に会いに行く 岡野雄一 西日本新聞社

(140708図書館)
タグ:
posted by かうべる at 16:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月29日

家事がたまっていく原因(自分メモ)

家事がたまっていく原因
→「付随している仕事」を忘れている
例1)買い物……買いに行く[+片づける+家計簿につける]
例2)洗濯……洗濯する[+取り込む+アイロン+片づける]

もとの仕事以外に、[ ]内の作業があることを忘れているので、
所要時間を確保していない→時間が足りなくなる→仕事が残る=たまっていく

★付随している仕事まで含めた所要時間を、確保しなければいけない
ためないくらしの作り方(2014-06-25)参照

posted by かうべる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月26日

次郎、バテる

夏休みに入ったばかりなのに
次郎「なんとっ!なつばてー」
かうべる「おやまあ。もう、バテちゃったの?」
次郎「こまった」

まだ7月というのに、猛暑に熱帯夜。
ニュースでは、熱中症で搬送される人の数が日ごとに増えています。
熱中症は、「究極の冷え」(冷えのぼせ状態)なのだそうです。
本当?って思うけれども、冷えとりしていると、
なんとなくわかるような気もします。
あ、次郎には、やっぱり靴下をはかせた方がいいのかも(笑)
(以前、はいていたことがありました←夏ではなかったけれど)
posted by かうべる at 20:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月24日

今年も「ぷ組」がやってきた!

太郎が
「あーーっついねえー」
と、オッサン口調で言い始めたので(笑)
冬服(なんと太郎は、今まで、フリースのチョッキを着ていたのです/汗)から、
はっぴに着替えました。
次郎は
「はなび わーい わーい」
と楽しみにしている様子。
どこの花火を見に行こうかな。

一昨年のぷ組の人たちは、こちら
posted by かうべる at 14:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月23日

改葬ノート(2) 実家の仏壇

母が、「仏壇を買い換えたい」と言い出した。
実家(=母宅)の仏壇は、もとはと言えば、父方の祖母が持っていたもの。
それについては、以前こちらに書いた

その仏壇は、短く見積もっても、60年くらいは経っている。
高さが60cmくらいの上置き型。
年数が経っていて、たしかに傷ついていたり、はげていたり。
でも、仏壇としての役目はちゃんと果たしているのだが、
母の言い分は次の通り。

1)タンスの上にあると、管理が難しい
(花や、お仏飯などのお供えをするのに、
 だんだんと、上にあるものを扱うのがつらくなってきた)
2)今の仏壇を、低い台に置くと、古さが目立ち、気になる
3)墓地を改葬するにあたって、父が残した幾ばくかのお金を使うことになり、
 そのお礼?に、仏壇を新調したくなった

実は、「仏壇を買い換えたい」と母が言うのは、二度目だ。
最初は、約5年前、私の夫の父が亡くなった頃(実家の仏壇の記事を書いた頃)だったと思う。
(母の言い分の1と2は、当時言っていたことだ)
その時は、私が、うちのための仏壇を探していて、母もそれにつきあったり、
私が読んだ仏事関係の本を、母も目を通したりしたことが影響したようだった。
その時は、一応、デパートなどを見て回り、検討したが、
結局、低い台に仏壇を置くことにした結果、使い勝手は解消され、
そのうちほとぼりがさめて(古さには目をつぶって)、買い換えは、立ち消えになった。
(余談だが、うちの仏壇の話はこちらこちらなど)

さて、今回、母の「仏壇欲しい」が再燃したのは、
3)以外に、もうひとつ原因があった。
もしかしたら、こちらの方が大きい原因なのかもしれない。
それは、先日、母が親戚(母の兄の妻=兄嫁)宅を訪問した際、
仏壇が粗末に扱われているのを目にしたことにある。
(私は同行しなかったので、真偽のほどはわからない。
母の兄は何年か前になくなり、その後、兄嫁は、今の家に引っ越したのだが、
そこを訪ねたのは、今回が初めてだった。)
母は、特別、信心深い人ではない。
ましてや、仏教に造詣が深いわけでもない。
しかし、「非常識」には敏感で、
祖先や亡くなった人を供養する姿勢が見られない人は、許せないタイプだ。
そんな母が見た兄嫁宅の仏壇は、
カーテンが、仏壇の半分くらいを覆いかくすような、拝みにくい場所に設置され、
具足等も整っておらず、心ある供養がなされているようには、見えなかったらしい。
おそらく母は、自分の兄が、ないがしろにされていると感じたのであろう。
そして、その憤りと同時に、自分自身も、誰かがうち(=母宅)の仏壇を見て、
「あのように古ぼけて粗末な仏壇で……」と思われるのは心外だ、
と感じてしまったようなのである。
(どう考えても、今さら母宅の仏壇を、そんな風にいう人はいないと思う)

しかし、私の立場で言うならば、
私の代で途絶える実家に、新しく仏壇を用意されても、実際の所、ちょっと困る。
私とて、うちにも仏様があるし、
もしも将来、一人残されたら、私はそれを持って、老人ホームへ行くつもりでいる。
(厨子タイプの小さなお仏壇は便利だ/笑)
母の気持ちとして、新しい仏壇で供養したいならば、それはそれでいいけれど、
今後、お墓(改葬)の問題だけでも大変なのに、さらに問題が増えてしまいそうだ。
いったいどうなることか、こうご期待!!って、違うよこれ。
……と冗談はともかく、できれば、スルーしたい、実家の仏壇なのであった(滝汗)
タグ:仏事
posted by かうべる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月21日

衣類リスト完成

ようやく、衣類リストが完成しました。
整理したはずなのに、なぜか、昨年より増えています。

内訳
長〜7分袖プルオーバー(19)
半〜5分袖プルオーバー(24)
シャツ・ブラウス(17)
チュニックシャツ(7)
カーディガン(18)
セーター・トレーナー(11)
ベスト・ジレ(5)
ジャケット(9)
コート(14)

通年〜夏パンツ(11)
冬パンツ(4)
スカート(4)
ワンピース(4)

計……………………(147)


上記以外
フォーマル・ステージ用(7)
靴(10)※雨靴、パンプス除く

昨年は、全部で142点だったので、5点増加。ど、どうして?(笑)
でも、言い訳をしますと、衝動買いをしたものはなく、
古くなったものの代わりに新しく買ったものや、
今年着たら処分する予定のものもあったり、なので、
内容には、一応納得しています。
でも、点数的には、もう少し減らした方が、管理しやすいだろうと思います。

昨年の問題点のその後
解決済み
・半袖Tシャツ(明らかに多すぎる)
→数は減っていないが、必要な色のみ買い足し。
従来のもの(特に色柄もの)は、傷んできたら速やかに処分予定。

継続中
・カーディガン(点数はそこそこだけれど、内容に納得していない。好きで持っているのではない)
→必要な色を買い足し、入れ替え済み。冬物古いものをどうするかひき続き検討。
・夏冬パンツ(傷んできたので買い換えたいけれど、欲しいものが見つかっていない)
→夏物は、解決。冬物は、今冬も探す。(最低1枚欲しい)

上記以外現在の問題点
・ジャケット
9点のうち、好きなものは古く、サイズも合っていない
(やせたので、ブカブカなのだ/汗)


というわけで、やっと、自分が何を持っているのかが把握できました。
しかし、衣類に関することがすべて解決したわけではありません。
普段使いの置き場所の問題
シーズンオフの衣類の収納の問題
日々の整理整頓の問題
そして、今回は扱っていない、インナー、靴下等の問題
(これには、「冷えとり」も多くからんでくる)
などなど、ありますが、あとは日常の中で、考えながらやっていくことなのかもしれません。
ひとまず、リストが完成したことは、めでたいことで(笑)よかったです。
posted by かうべる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月19日

衣類リスト作成中

昨年5月、衣類調べ(数の把握)をした時に、
簡易リストは、一応、できあがっていました。
しかし「簡易」のまま放置した結果、
今見ると、意味不明な部分があったり、
その後の衣類の増減により、情報が変化してしまった等々、
そのままでは使い物にならないのでした。
さらに、正式版を途中まで作りかけて、頓挫しているため、
データが二重になり、どちらがホンモノ?状態。
ああホントに私は、やりか〜けのひ〜と〜〜♪(歌っている場合か?)
そこで、おとといから、本格的に取り組み始めました。
今度こそ、正式版衣類リストを完成させる所存です。

今日は、思い切って、スカートを4枚処分することにしました。
もう4年以上、はいていない。(たぶん)
色、形は気に入っているのもあるが、明らかにサイズが合わない。
そんなものばかりです。
おまけに、うち1枚は、カビていました(汗)

前から言っているとおり、若いときから全然オシャレに興味がなく、センスもありません。
ただ、冷えとりをするようになり、冷えとりにあった服装を考える中で、
「ヘンでない」「とりあえずフツーなおばさんの服装」は目指すようになりました(笑)
そして、衣食住を見直す観点でも、「衣類」は避けて通れなくなりました。
だから、今の私は、人生で初めて、服のことを一生懸命考える時期を迎えていると言っても
過言ではありません。いえ、決して大げさではないのです。
今まで、ホントに、全然考えてこなかったので(汗)
リストの方は、半分以上は進んできたので、もうひとがんばり、です。
posted by かうべる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月16日

たまらなくなったこと その2「日々の家計簿つけ」

先日(こちら)の続きです。

日々の家事、特に「いつもしなければいけない家事」をためないように、
心がけるようになって、ひと月あまり。
あいかわらず問題は多々ありますが、うまくいっていること。
それは、「アイロンがけ」と「日々の家計簿つけ」の2つです。

今日は、「日々の家計簿つけ」がたまらなくなったことの種明かしです。

トトロの耳のおかげ!?すぐにやってしまうこと
突然、ヘンな話から入ってスミマセン。
えー、今までは買い物から帰ってきて、財布からレシートを取り出すと、
裏に磁石がついているトトロのクリップ(紙をはさんで冷蔵庫などにつけられる)
にレシートを挟み、冷蔵庫に貼り付けていました。
原則では、夜しごとの時間までに家計簿つけをすればいいことにしているので、
トトロクリップは、それまでの「仮置き」です。
ところが、数日経っても、まだ仮置きが続いていることがしばしば。
それが現実でした。
しかし、ある日のことでございます。
何枚も(何日分もの)レシートがはさまった「トトロ」を手に取り、
レシートを外そうとしたところ、落としてしまい、
トトロの耳の部分が割れてしまったのでした。
クリップを開くときに、ちょうど耳の部分に力が加わるので、
このままでは、使うことができません。
接着剤を使い、形は元通りになったものの、使うと、また耳が折れそう。
ということで、レシートをはさむもの(仮置き場)がなくなってしまいました。

数日後、買い物から帰ってきて、レシートをはさもうとした時、
クリップが使えないことに気づきました。
そうだった……
代替え品はないので、似たようなものを買わないと、と思いつつ、
適当な置き場所もなく、たまたま時間もあったので、
「夜しごと」を待たずに、すぐに家計簿に記入しました。
なぜか、気分すっきり!

さらに数日後。
ガスの使用量兼請求書が、ドアポストに入っていました。
クリップにはさもうとしたら、使えないことに……(中略)
なぜか、またまた気分すっきり!!

というわけで、ケガの功名と申しましょうか、
トトロのおかげ?で、レシートがたまることなく、
その場でサクサクと処理されていくようになりました。
なんと「仮置き場」は、いらなかったのです(びっくり/笑)。

どうも私は、家計簿つけに限らず、先日書いた、アイロンがけも含め、
仕事はある程度まとめてやったほうが、効率がいいものだと、
思い込んでいるようです。
もちろん、そういう場合もありますが、そうでない場合もたくさんあって、
その場ですぐにやってしまえばいいことは、意外に多いのではないか?
もしかしたら、そういう仕事の方が多いのではないか?
ためないくらしのコツのひとつは、「それ」のような気がしてきました。
しかし、やたらに、目の前の仕事をこなすだけ(なりゆき家事)では、
これまたうまくいかないことも実証済み。
その「加減」を上手にコントロールするのが、コツなのかもしれません。
posted by かうべる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月14日

改葬ノート(1) 今のところ自分メモ

数年前から、実家の墓地の改葬を検討している。
そろそろ実行すべき時期に?
そんなわけで、本日、役所で色々話を聞いてきた。
どうやら、着手することになりそうだ。
今後、どのように進むかわからないし、どこまで公にできるかも、
今は判断がつかず。
記録として、ある程度詳細にここに残したいと思っているが、
もしかしたら、諸事情によりできなくなるかもしれない。
とりあえず、日付を忘れない程度の独り言として、ページを確保しておくことにする。
タグ:仏事
posted by かうべる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月13日

たまらなくなったこと その1「アイロンがけ」

日々の家事、特に「いつもしなければいけない家事」をためないように、
心がけるようになって、ひと月あまり。
あいかわらず問題は多々ありますが、うまくいっていることが2つ。
それは、「アイロンがけ」と「日々の家計簿つけ」です。
たまらなくなったわけは、やる気を出したから!!
やればできるじゃん……なんてわけ、ありません(笑)

まずは、アイロンがけの種明かしから。

1)アイロンがけをする必要がなくなった
少し前に記事にした、「洗濯物は『たたんでから干す』」。
これが、予想以上に威力を発揮しています。
ポロシャツの類いは、これをすることにより、
いっさい、アイロンがけが必要なくなりました。
必要なくなったどころか、以前、自分でアイロンをかけていたときより、
しわがなく、きれいに干し上がります。
Tシャツや、エプロンも同様です。

2)アイロン待ちの洗濯物をためなくなった
以前、なんとなく思っていたのは、
1、2枚のためにアイロンを使うのは、電気代が無駄になるのではないか、
ということ。
だから、アイロンは、かけるものが4枚以上ないと、
なんとなく、やってはいけないような気がしていました。
(単に、やりたくなかっただけ、とも言える)
そのような根拠のない信念のもと(笑)、4枚どころか、山のようにため込むのは、
しょっちゅうでした。
しかし今は、1枚しかなくても、やるようになりました。
と言うのは、「4枚になるまで待てないから」。
基本的に、「ノーアイロン」になってしまったので、
あと3枚たまるまで、何日かかるかわかりません。
それに、1枚しかないので、時間もかからないし、さっと片付きます。
電気代の節約と気持ちのすっきり度のどちらを選ぶ?と言われたら、
明らかに後者、なのでした。

というわけで、主婦歴25年にして、「アイロンの呪縛」から解放されました。
もっと早く気づけよ……と、自分で突っ込みを入れつつ、
今日も、「洗濯物は、たたんでから干す」 です!!
posted by かうべる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月10日

メタボ健診の結果

一週間前に、特定健康診査(いわゆるメタボ健診)を受けました。
メタボ健診を受けたのは、実は3年ぶりくらい。
でも、その間に、体調不良で内科を受診して、似たような内容をチェックしたので、
比較できる結果は、その時のもの(約1年半ほど前のもの)があります。
さて、結果は、と言いますと……
かつて心配な数値と言われた
総コレステロール、悪玉コレステロール、血糖値。
すべて、良くなっていました。
なんだか、狐につままれたようです。

だって、この数年、ずっと体調が今ひとつで、
フットワークの悪い生活をしてきました。
「更年期」であることを、自分にいいように解釈して、
だらだらと過ごしていました。
検査結果の比較対象である「1年半前」から、今までだって、
生活習慣は、ほとんど変化していません。
運動も、ダイエットもしていない。
それにもかかわらず、この結果。
うーーーーーーーーーーーーん。とっても不思議。

唯一、やったことと言えば、

「冷えとり」

しかし「冷えとり」とて、約5年前からやっているので、
新しく始めたわけではありません。
でも、続けたことにより、少し体が変わってきた、ということは、あるのかも。

あとは、この1年半の間に変わった(かもしれない)ことと言えば、
食べ物(食事)の好みが、多少さっぱり系になってきたことくらい。
炒め物を作る頻度は、たしかに減りました。
でも、思い当たるのは、それくらいで、
甘いものや、お菓子(スナック菓子含む)は、相変わらずやめられないし、
(本気でやめようとも思っていないかも/汗)
夫がインスタントラーメンが好きなので、これも食べています。

結果が良かったのだから、素直に喜べば良いのでしょうが、
わけわからず良くなった、ってことは、
わけわからずまた悪くなる、ってこともありうるわけで、
はてな印がいっぱいです。

ただし、血色素量が前回より低いので、先生は、消化管出血を疑ったようで、
念のため、大腸検診をすることになりました。
(自分では、違う気がする=たぶん前回は鉄剤を飲んでいた時期だったかと)
まあ、便秘のこともあるので、腸の検査はしておいてもいいかも。
検体2回提出し、その後結果を聞きに行きます。
さて、どうなりますことやら。
タグ:健康
posted by かうべる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月08日

ためないくらしは、前からやっていた?

ゆるゆるまいにち2014」(わたしなりの生活改善)の一環で、
このひと月ほど、「ためないくらし」を心がけています。
(「ためないくらし」については、こちらこちらを参照)
心がけても、なかなかうまくいかないことが多い中で、
私にしては、わりと順調に生活に溶け込んで来つつあります。
習慣化するといいのですが。
ところで、古い記事を探していたら、こんなものを発見。
もらったものは、すぐ使う(モノをためない工夫)
2013年04月20日の記事です。
1年以上前に、「モノ」に関しては、
すでに「ためない心がけ」ができていたようで、我ながらびっくり。
びっくりと同時に、ちょっとうれしい〜♪
自分で決めたことにもかかわらず、継続できないことが多いので、
それを引け目に感じているけれど、
これは今でも続いています。
暮らしの見直し。
自分では、失敗続きのイメージが強いですが、
できていることもあるのだなーと、ほっとしました。
posted by かうべる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月07日

夏も腹巻

先月、あさイチで「夏の冷え症」を特集でやっていました。
冷えのタイプを3つに分けて、四肢末端型、下半身型、内蔵型と呼んでいましたが、
私は「内蔵型」(手足は温かいのに、腸など体の深部体温が下がる冷え症タイプ)です。
番組では、内蔵型は、
元々の体質、
あるいは、不規則な生活や、肉体的、精神的にストレスが多いと、なりやすい、
と説明していました。
私は、物心ついてから、ずっとそうなので、体質なのだと思います。

さて、冷えとりでは、上半身より下半身を温かくするのが基本。
靴下の他に、スパッツやレッグウォーマーなども、必要に応じて使います。
私のレッグウォーマーの使い方は、
・外出時の靴下枚数(3、4枚)を補う
・寒く感じたときにプラスする
というのが、主です。

しかし、あさイチを見ていて、ふと思ったのは……
「内蔵型の冷え」だとしたら、末端(足元)も、だけれど、
直接内臓を温めた方が、効果があるのではないか?
ということ。
冷えとりで言う「下半身」とは、おへそから下。
おなか(特に下腹部)は、下半身です。
となると、レッグウォーマーよりも、腹巻をするべきなのではないか?

そこで、ある日、出かけるときに、
レッグウォーマーの代わりに、腹巻をしていきました。
すると、これが、体の芯がぽかぽかする感じで、とても良いのです。
もちろん、レッグウォーマーも役に立ちますが、
私の場合は、腹巻の方が有効かもしれません。
腹巻は、冬場のアイテム(以前、腰に貼るカイロを使っていましたが、
その代わりに導入したのが腹巻なので)と思い込んでいて、
春になり、暖かくなってからは、腹巻の存在を忘れていました。
ただ、レッグウォーマーなら、暑くなったらすぐにとれますが、
腹巻は、お手洗いに行かないと、とれないのが、デメリットかも。
でも、最近は、ホットフラッシュっぽい急なほてりはなくなってきているので、
突然暑くなって困ることは、あまりないかもしれません。
この夏は、もっと腹巻を使いこなしてみよう、と思います。

★使っているのは、シルクふぁみりぃ絹腹巻ハーフサイズ
だいぶ前に買ったのですが、たぶんこれと同じだと思います。
薄手ですが、温かい!
おなかまわりが、モコモコしないのも良いです。(個人の感想です/笑)
タグ:健康
posted by かうべる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月02日

3Jプロジェクト

以前、記事に書いたとおり
現在、かぞくのじかん2014夏Vol.28の特集「時間をかけない家事のコツ」を元に、
家事と生活を見直しているところ。
「掃除と洗濯」の項では、こんなお話が載っています。

気になるところから手をつけていると、時間切れになり、
すべてが中途半端になってしまう「なりゆき家事」。
これをを変えるポイントは、

「『準備、順序、時間』の3つのJ」

と、アドバイザーの久間さんはおっしゃっています。
これは、掃除だけではなく、すべての家事、のみならず、
生活全般に通じることだと思います。

私が家事と生活の見直しを始めたのも、
なりゆき家事からの脱却と、気分に左右されない暮らしをしたい
(生活リズムを作りたい)という思いからでした。
それを実現するには、3つのJが欠かせないことが、
最近、少しだけわかってきました。
3つのうち、「準備」は、そこそこできていると思うのですが、
あとの2つは、うまくコントロールできません。
かつては、「効率よりやりたいこと優先」で、とにかくやる気を引き出すことが
第一の目標でした。
その時点では、意図的にそうしていた面があったし、
一定の効果もありましたが、
それを第二段階へつなげることができず、目標を見失いました。
(ゆるゆる*いえしごとが継続しなかったのは、これが原因)
やはり「順序」を考えるのは、必要なことだったのです。
そして「時間」。
こちらは「終わらせる」(仕事を切り上げる)ことが、かなり重要だと
わかってきましたが、自分では、まだうまくつかめていない状態です。

でも、以前、なぜうまくいかなかったのか、がわかってきたので、
改善の見通しがついてきたような気がします。
一度にすべてが解決することはないだろうけれど、
道筋はついてきたかもしれません。

あとは、継続すること。
過去に何度か、やり方の見直しをしてきましたが、
新しいやり方に切り替えて2か月目が、正念場、だと思っています。
今までも、そのあたりで、やる気が自然消滅していったような……
これから1か月くらい。続けられたら、その先もできそうな気がします。
今度こそ、頑張ってみたいです(切望!/笑)


かぞくのじかん 2014年 06月号 [雑誌]
posted by かうべる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月01日

苦手な人でも大丈夫!1日5分“そこそこ”片づけ術(まる得マガジン)

書店でテキストを見て、番組を知りました。
昨日、始まったばかりのようです。(HP

サイトより------------------------------------------------
多くの人が悩む家の片づけ。
時間をかけて整理整頓しても、長く続かず、結局元に戻ってしまう。
そんな片づけが苦手な人に向けて、1日5分、簡単にできる片づけ法を紹介、
まずは“そこそこ片づけられる人”をめざしてもらう。

1)わが家の散らかりポイントをチェック
2)リビング 床に物を置かない
3)リビング 物を分類する
4)食卓まわり テーブルに物を置かない
5)キッチン つるす、立てる
6)クローゼット 詰め込みすぎない
7)玄関 靴以外の物をしまう
8)洗面所 見えないようにまとめる

放送 Eテレ午後9時55分〜10時(月〜木)
講師 金子由紀子さん
----------------------------------------------------------

テキストを立ち読みした限りでは、
「片づけ」に関して、すでに取りかかっている人にとっては、
知っている知識かな、という印象。
でも、これをきっかけに、またやってみようという気持ちになったり、
知っているがやったことがないことは、試してみたり、など、
再チャレンジのきっかけにするのもいいかもしれません。
そこそこ片づけられる人をめざす、というのも、ハードルが低くていい感じ。
連ドラ予約(ドラマじゃないけど/笑)して、見てみようっと。
posted by かうべる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする