2013年06月30日

2013年読んだ本(4〜6月)

☆読み物以外の本も含まれます。
☆読みかけ、または、挫折した本も含まれます。
☆最近読んだ本が上になっています。

続きを読む
posted by かうべる at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月12日

現在、乳製品がちょっと苦手

4月頃、やたらにエクレアなど、クリーム系のお菓子を食べ続けましたが、
その反動か、ナンなのか、ここ二、三週間、牛乳を飲んだり、
ヨーグルトを食べると、いつまでも胃にもたれているような感じがします。
パスタやシチューも、クリーム系は、あまり食べたくなくて。
バターをほんの少し使った料理でさえ、なんだか、食後にもたれます。
食べたくないものは、無理に食べる必要はないので、
気にしなくていいと言えばいいのだけれど、
牛好きの私としては、牛に、ごめんよ〜、という感じで(笑)
でも、ヨーグルトは、量が少なければ、もたれないことがわかりました。
自分としては、正直なところ、ヨーグルトは、ちょっと食べたいのよね……
だから、少なめに、食べています。
タグ:健康
posted by かうべる at 00:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月11日

今度は「読みかけの人」

市立図書館のウェブサイトでは、事前に登録しておくと、
家にいながら、借りたい本の予約ができる。
ずいぶん前から、便利に使わせてもらって来たのだが、
最近になって、気になる本などを登録しておける「予約かご」があることに気づいた。
今まで、「予約かご」の存在(名称)は、知っていたけれど、
それは、予約をするときの一時置き場だと思っていたのだ。
ところが、その日に予約申し込みをしなくても、
とりあえず、気になる本を入れておいて、後日、借りたくなったときに、
そこから選んで、「本当の予約申し込みをする」ことができる、
という仕組みなのだった。
知らなかったよー。
それならば、と、新聞の書評や、生協のカタログで
気になった本をメモしてあった手帳を見ながら、
かたっぱしから、予約かごに入れていたら、
あっという間に、「予約かごがいっぱいです」という表示が出てしまった。
どうやら、20冊までしか登録できないらしい。

以下、現在の予約かごの中身。

医者知らず「冷えとり」で完全健康人生 進藤義晴/著 海竜社
雑談力が上がる話し方 斎藤孝/著 ダイヤモンド社
大人になったら、着たい服 2013春夏 主婦と生活社
大人きれいな定番服の着まわしレッスン 岡部久仁子/著 主婦と生活社
おちゃのじかん 土橋とし子/著 佼成出版社
エンジェルフライト 佐々涼子/著 集英社
家事のニホヘト 伊藤まさこ/著 新潮社
林英哲太鼓日月 林英哲/著 講談社
お家賃ですけど 能町みね子/著 東京書籍
よなかの散歩 角田光代/著 オレンジページ
ペコロスの母に会いに行く 岡野雄一/著 西日本新聞社
タニアのドイツ式整理術・完全版 門倉多仁亜/著 集英社
幸福(しあわせ)なイギリスの田舎暮らしをたずねて 北野佐久子/著 集英社
風吹ジュンスタイル 風吹ジュン/著 マガジンハウス
かかしのトーマス オトフリート・プロイスラー/作 さ・え・ら書房
ふたつの月の物語 富安陽子/著 講談社
愛の話幸福の話 美輪明宏/著 集英社
大いなる眠り レイモンド・チャンドラー/著 早川書房
清川妙91歳育ちざかり 清川妙/著 主婦の友社
97歳の幸福論。 笹本恒子/著 講談社

手帳には、登録しきれない本が、残っている。
なんだか、勢いづいてしまい、
図書館のかごには、もう入らないので、
スマホのアプリをもらっただけで登録していなかった
「ブクログ」を使うことにして、そちらにも、読みたい本を放り込んでいる。
いったい、どれだけ、読むつもりなのだ(汗)
タグ:
posted by かうべる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月07日

わたしは、やりかけの人

読売新聞夕刊に、仕事上のミスを減らすための対策が載っていた。
それによると、

「うっかり忘れ」を防ぐには、
・気づいたときに手帳などにメモする習慣をつけること
・それを一日のうちに三回ほど読み返す
・読み返すことも忘れそうなら、一日のどこかで、必ず読める方法を考える
 (たとえば、必ず使うもの(通勤定期券など)に、付箋を貼っておくなど)

どれも、言ってみれば、基本中の基本、だ。
ところが、最後の一節に、わたしにとっての衝撃の一打。

「メモは、仕事を『仮置き』するということ。
書くだけで安心せず、必ず読み返せるように工夫をしてください。」

!!!!!

先日も書いたが、家事など、やらなければいけないことがあると、
とりあえず、メモをしておくようにしている。
すぐにできないことをメモしておくことで、
やるのを忘れないようにするため、である(と思っていた)。
しかし、メモした段階で、その仕事を「仮置き」したことになるのであれば、
すでに、仕事にちょっとだけ取りかかったことになる。
心にとめておくだけでなく、見えない部分ではあるものの、
物理的にも「とっかかり」ができているのだ。
そして、メモの項目が増えるということは、
やりかけの仕事が、どんどん増えていることになる。
……わたし……「やりかけの人」、だ……
♪〜やーりかけ やーりかけっ やりかーけのひーーーとーーー
(ずいぶん前に、あさイチでスーパー主婦の時間管理術をやった時に、
番組内で歌われていた。たぶんこの放送
ものすごい量の仕事を抱えている気がしてきた。
書くだけで安心せず、というくだりも、冷や汗ものだ。
やることリスト。
軽々しく扱っていると、あとで大変になるってことに、
ようやく気づいた。
posted by かうべる at 00:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月03日

魔神に何を頼むか

どうもやる気が出ないし、
それ以前に、生きる意味が見いだせないでいる。
やりたいことも、浮かばない。
毎日、何やっているんだろう、わたし……
家事だけで、一生終わるのか。
友達は、やりたいことがいっぱいで、
やりたいことをあげ連ねてみたら、
200歳まで生きても時間が足りないことがわかり、
絞り込まねば、と思っているそうだ。
その友達に、先の話をしたら、
「それは、魔神に『願いを叶えてやるぞ』と言われたときに困るねえ」
と言われた。
ははあ。そういう時のために、ちゃんと願いとか望みは、
用意しておかないといけないんだ。
で、今、突然、魔神が出てきたら、たぶん、
「体調を心配せずに、その時やりたいことに、
ぱっと取りかかれる丈夫な体が欲しい」
と、お願いするかもしれないなあ。
ってことは、やりたいことを阻害しているのは、
自分の体調、ってことか。
ある意味、すごくショック。

posted by かうべる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする