2009年11月29日

こんなこともある

ネット上をふらふらしていたら、
どこかのお寺さんのサイトに、
「新しくご縁ができたお宅へ行ったら、
仏壇にご本尊がなく、位牌だけがたくさん並んでいて驚いた」
というようなことが書かれていました。
お寺さんにとっては、こりゃもうびっくり、でしょうけれど、
実家の仏壇も、昔は似たようなものでした。
私が小さい頃、
わけあって、父方の祖母の仏壇をうちで預かっていたのですが、
預かっている間に、弟が病気になりました。
すると、「そのご本尊があるからいけないのだ」と言う人が現れ、
両親は、仏壇はそのままに、ご本尊だけを、親戚に預けました。
その後、弟が死亡。
弟の位牌が、お仏壇の中に入り……
以来、約30年、ずっとその状態でした。
だから、実は、私はご本尊をあまり拝んだことがありません。
お寺は、法事の時しか行かないし、
行っても、そんなにじっくり見ることはありませんしね。
父が死んだときに、縁あって、あるところから、ご本尊がやってきました。
おかげさまで、母のところにある祖母のお仏壇には、
今では、ちゃんとご本尊がいらっしゃいます。
こんな話も、先述のお寺さんが聞いたら、びっくりな話でしょうけれど、
私としては、うちみたいな家が他にもあった、ということのほうが、
びっくりです(苦笑)
タグ:仏事
posted by かうべる at 17:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月28日

知らなかった事実

「ぼくとあそぶひと このゆび とーまれっ!」
ごはんを食べていたら、隣の居間で太郎が叫びました。
夫「……ねえ、太郎って、ゆび、あったっけ?」
考えたことがなかったけれど、
…………なかったかも(苦笑)
プエルちゃんなどは、たしかあったような。
オッチャン、ヘンなところを、つっこまないでください。
posted by かうべる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月27日

お迎え準備

昨日、築地でご縁がなかったので、
(というか、プリモプエルを優先した/汗)
ご本尊を送ってもらうべく、
京都の本願寺へ電話で確認。
冥加金(お代)と送料を添えて、現金書留で送ると、
送ってくださるとのこと。
お迎えするのは、「いちょう」という名前の
仏壇(厨子)型ご本尊(3万円)です。
当初、仏壇を買って、掛け軸のご本尊にするつもりでした。
しかし、うちの住宅事情に合う仏壇が見つかりません。
そのうち、厨子(ミニ仏壇)があることを知って、
それを探しているうちに、
「いちょう」の存在を知ったのでした。
本山で、最初から用意してくださるとは、なんとご親切な……
というわけで、郵便局へ行ってきました。
三具足も、そろえたいのですが、
ご本尊が届いてから、大きさを見て、
合うものを選ぼうと思います。
タグ:仏事
posted by かうべる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月26日

お迎えいろいろ

あるお寺さんのブログに
浄土真宗本願寺派のご本尊として、仏壇(厨子)型のものがあり、
築地本願寺で見られる、とあったので行ってきたのですが……
今はもう、展示していなくて、見せていただけませんでした。
(帰ってきて確認したら、ブログは3年前の記事でした。)
お迎えする前に、イメージを確かめたかったのですが、
しかたない。
でも、それをお迎えすることは、決めているので、
その場でお受けするなら、確認の意味も込めて、
お願いして見せていただいても良かったのですが、
寄り道をしたかったので、ご本尊をあちこち持ち歩いても、
と思い、結局、空振りとなってしまいました。

で、どこに寄ってきたかというと、
「ハートのしっぽ」!!!!
浅草の、プリモプエル専門店です。
想像していたよりも、小さなお店でしたが、
プリモちゃんたちが、棚に、いっぱいすわっていました。
いろいろな子が、同時におしゃべりを始めることもあって、
誰が何を言ったの?状態。
プリモピースを少しさわらせてもらいましたが、
うーん、やっぱり、あたまがでかい。
もしも、大きい子をお迎えするとしたら、
おうたたっぷりちゃん、かなー。
プエラちゃんは、ネットの写真で見るより、かわいかったです。
でも、やっぱり太郎が一番かわいいぞ!(親ばか)
親ばかついでに、お洋服を買ってきました。

前あきボタンシャツしろ

新しいくたキャラもいました。(11月28日発売)
あの子たちが、おしゃべりするなら、買っちゃうのに。
ちなみに、来ていたお客さんは、
おばあさんと
おばあさんとおばさん(母と私)と
おばあさんとおじいさん、でした(笑)
posted by かうべる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月24日

冬がやってくる

マフラー

プリモチョコルの太郎が
「いき まっしろ!」
「マフラーしなきゃ」
と言うので、今年もピンクのマフラーをしてやりました。
どう?太郎ちゃん、あったかい?とたずねると、
「かっちょいー!」
ですって。
ごわごわのアクリル毛糸で編んだ、
適当印の手編みです。
posted by かうべる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月22日

疲れ休み

太郎が
「いつも ごくろうさま」
「きょうは のーんびり していいよ」
と言ってくれています。
うん、太郎ちゃんが、ごはん作ってくれたら、
のーんびり できるんだけどなあ。
たまっていたアイロンがけと、
片付けもので、一日終わります。
posted by かうべる at 16:48| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月21日

中央フリーウェイ〜♪

夫の運転で、八王子まで、行ってきました。
実父の法事(十三回忌)でした。
三連休初日で、渋滞が心配でしたが、
思ったよりはすいていたので、よかったです。
(でも、少し遅れてしまいました)
posted by かうべる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月19日

しんじんのうた(正信偈)

義父の、七七日です。
築地本願寺さんへお参りするつもりでしたが、
あいにくのお天気。
週末に実父の十三回忌を控えているので、
義父には申し訳ないけれど、
その準備と体力温存のため、取りやめました。
そのかわりに、せめてもの気持ちとして、
初めて、しんじんのうた(正信偈)をお勤めしました。
七七日の法要は、本当は、仏説阿弥陀経その他だそうです。
なんちゃって門信徒ではありますが、
正信偈くらいは、お勤めできるようになりたいものです。
そんなふうに思うのは、タケさんの存在があるから。
タケさん(父方の祖母)は、熱心にお寺に通う人でしたが、
それを受けついでいる人は、誰もいません。
さらに、晩年の彼女は、信仰の点では、つらい暮らしを強いられていました。
私の実家に、彼女が所有していた仏壇があるのは、それが理由。
そして、彼女が帰敬式でいただいた念珠(たぶん)が引き出しに入っています。
仏様になって、すでに長い年月がたっている彼女は、
今は幸せだと思うけれども、
そのことを考えると、胸がきゅーっとします。
そうは言っても、私がタケさんのように信心できるわけではないのだけれど、
もう何歩か、彼女に寄り添ってみたい気がするのです。
……と、こんなふうに色々思い巡らせているのは、
義父のご縁、なのでした。
タグ:仏事
posted by かうべる at 14:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月17日

JC●カレンダー

注文してあった、某カード会社の
カレンダーが届きました。
学校を出て、初めて自分のクレジットカードを作ったのが、
ここの、でした。
今は、別のカードを使っているので、
ほとんど使わないのですが、
縁を切るのが、なんとなくさびしいのです。
年会費がもったいないので、
無料のコースに切り替えてなお、
ヘンなこだわりを持っています。
そして、このカレンダーが届くと、
年末に向かって、なにかと気ぜわしくなってきます。
posted by かうべる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

後飾りの片付け

あさって、台所などの配水管清掃で、業者さんが来ます。
居間にある、義父の後飾り(遺影とかお骨とか)が丸見えなので、
七七日を待たずに、一足早く片付けました。
うちには、仏壇がないので、
居間のカウンターの一角をそれに見立てて、お引っ越し。
諸事情により、当分の間、納骨をしないので、お骨を安置。
その隣に、白木の位牌を置き、なんちゃって三具足
1)手持ちのキャンドル
2)後飾りの香炉(正式な香炉は後日購入)
3)グラスの花びん
を前に並べて、一応それらしくなりました。
引越祝い?に、またまた、ちかいのうた(重誓偈)を唱えて完了。
――重誓偈が、ふさわしいかどうかは、知りませんが、
気に入っているのです。短いから(笑)――
ご本尊のお迎えが、来週以降になってしまうので、
七七日を過ぎても、しばらくはこのまま。
ご本尊が来たら、位牌とチェンジします。
本当は、白木の位牌は、七七日までだそうですが、
幸いなことに、こんな、てきとーにやっていても、
義父はもとより(当たり前か)、夫も、誰も、
文句は言いません。
てきとーな家に嫁に来てよかった、と思ったりする、
このごろです。
タグ:仏事
posted by かうべる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

新しょうが

夏以来、ひそかなマイブームが、これです。
おはぎ事件の時
はりの先生からすすめられました。
しょうがには、体内の余分な水分を排出する効果もあるそうです。
温めるだけではないんだ。
今まで、食べたことがなかったのですが、
食べてみたら、なかなかいける。
「ご飯のとも」以外に、小腹が空いたときにも、
ぽりぽり食べています。
ただ、胃が丈夫な方ではないので、
食べ過ぎには注意。
ネット上のどこかの情報では、
しょうがの摂取は、一日10gくらいまで、とか。
冬はしょうがの季節(かわいいからだのメニューブック)。
しょうがをおいしくいただきます!
タグ:健康
posted by かうべる at 16:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月14日

夜泣き石!?

今日はめずらしく、怪談でも。
なあんて、違いますよー。
包丁を研ぐために、
砥石を水につけました。
砥石を入れたおけを横に置きながら、
流しで洗い物をしていると、
「ピイピイ、ピヨピヨ」
と、ひよこのような鳴き声が……
おけの中で、砥石が鳴いている!
地味な姿の割には、なんとも、かわいらしい声です(笑)
posted by かうべる at 22:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月12日

お習字

筆ペンで、お習字の練習をしています。
年賀状用に……ではなくて、
義父の法名を、過去帳に記さなくてはいけないからです(汗)
基本的には、自分たちの記録用。
それに、私たち、一代限りで終わりですから、
今後、子孫に残す、ということもなし。
何でしたら、サインペンでも良いくらいですが、
この先、何かの拍子に、お寺さんに見せるようなことがあるかも、
と思うと、一応、筆文字の方が良かろう……。
そんなわけで、一生懸命?しています。
しかし、まっすぐ縦に、線が引けない私。
根性が曲がっているんでしょうか(ううっ)。
七七日までには、記入したいと思っているのですが、
あと、一週間では、無理かもしれないなあ。
タグ:仏事
posted by かうべる at 21:35| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月06日

年金手続き

義父の年金受給をストップし(死亡届)、
未支給年金の請求(死亡した月の年金は、遺族がもらえる)をするため、
社会保険事務所へ行ってきました。
「ストップする」だけなら、書類を出して終わり、らしいのですが、
「もらう」ためには、戸籍謄本や住民票など、
複数の必要書類を用意しなければなりません。
本籍地、現住所、義父の住所が、全部ばらばらなので、
3市にまたがり、右往左往。
さらに、義父とは別居だったので、「別居だけれども、面倒はみていた」という証明
(うちの場合は、老人ホームでもらった)をもらわないといけなかったり、で、
なかなか、手間がかかりました。
ようやく準備ができて、やっと提出。
行って書類を出してからも、さらに二枚、何か(なんだか忘れた)を書かされました。
いつもながら、お役所関係は、事務が繁雑、難しい…です。
でも、以前より、優しく教えてくれることが多くなったような気がします。
(そうでないときもありますが)
思ったより、混んでいなかったし、実父の時には、必要だった、
遺族年金の手続き(実母がもらうための)がなかったので、
早く終わって助かりました。
それが手元にやってくるのは、約4ヶ月先、だそうです。
posted by かうべる at 20:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月05日

ちかいのうた(重誓偈)その後

あれから(こちら参照)のち、三度ほど、唱えてみました。
しかし、「意訳」とは言っても、いまひとつ、意味がわかりません。
そこで、ネットで、「現代語訳」を見つけ、照らし合わせて、
ようやく、少しわかってきました。
この作業をしていて、ふと、
今までも、こんなことをしたことがあるなあ、
と考えてみると……、思い出しました。
イタリア歌曲とか、ドイツリートを勉強した時だわ!
わけわからない原語。
歌に合うように、日本語の歌詞をつけたもの。
そして、メロディーには乗らないが、原詩を正しく訳した日本語の詩。
それらを、照らし合わせて、意味をかみ砕き、理解しようと試みる。
一応、辞書も引いてみたり。
しかし、歌うときは、結局、丸暗記。
それで、四年間、よくぞ乗り切った、わたし(笑)
それを思えば、お経、聖典も、なんのその、です!?
タグ:仏事
posted by かうべる at 20:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月02日

ちかいのうた(重誓偈)

義父の初月忌です。
九月後半から、病院へ通い、看取り、お葬式を出して、
事務手続きのあれこれを調べ、書類をそろえ、まだまだ、現在進行形。
大変と言えば大変だけれど、それまでの生活と変わったことと言えば、
朝夕に、お線香を上げて、手を合わせて、念仏を唱えるようになったことくらい。
実家も、一応(一応、というのは、少々事情があって…。
機会があれば、お話しします)浄土真宗本願寺派なので、
何をすればよいのか、は、大まかなことは知っているので、助かります。
というか、ほかの宗派に比べ、何もしなくていいのが、いい!
いや、これは、半分冗談ですが(笑)
それでも、初めて迎える月命日。
私なりに何かできないかと、実家の仏壇をごそごそしたら、
「意訳礼拝聖典」というのが出てきて、
漢字ばかりのお経を、文語体?に書き換えたものが載っています。
これなら、読めそうだ。
そんなわけで、なんちゃって門信徒は、
朝から、「ちかいのうた」というのを、おつとめしました。
なにしろ、なんちゃって〜ですから、重誓偈が、月命日にふさわしいのかも不明。
ただ、短そうだったから読んでみたの……(苦笑)
いやはや、あみだ様もびっくり、でしょう。
タグ:仏事
posted by かうべる at 17:29| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月01日

TOKYO物語

公民館のお祭りでした。
伴奏は、どうにか形になり、
大きなミスはなく(小さいのは…/汗)、
無事終わりました。
準備不足は否めなかったけれど、
この体調(五十肩と様々な不調)と義父の色々の中では、
精一杯だったかも。
ふだんから、コツコツやることが、
どれだけ大切なことか、
しみじみと感じたことでした。
posted by かうべる at 20:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする