2018年06月19日

養生的なメモ(大事なのは、「動く」と「寝る」)

更年期の不調はほぼ終わり(たぶん)、「養生」をおぼえたおかげもあって、ひどく体調を崩すことは少なくなりました。
と言いつつ、三週間前には、何度目かの「ぎっくり腰」になりました。
振り返ってみたら、何年か前にも、6月初めにぎっくりしていまして、びっくり(え)。
そう言えば、梅雨時からのだるさがぬけず、ソファでごろごろし、腰痛になり、夏を迎え、暑くてだらだらし、なんだか調子が出ない……
というのは、過去に何度もありました。
「そういう体質なのね」で済ませることもできますが、養生的にはツッコミどころ満載のように思います。
わかっているのは、寝る、食べる、動くのうち、「動く」が足りないこと。
「寝る」も質が良くないこと(早寝ができていない)。
私の場合、「食べる」で調整するのではなく、「動く」を徹底すれば、かなりの確率で、もう少し元気な体になれるはず。
うまく習慣化して、もう少し、健康で文化的な生活(笑)を送りたいと思います。
posted by かうべる at 21:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月17日

花子ちゃんの父の日

母宅にて。

花子「パパのひ」
花子「おつかれさま」

女の子に「おつかれさま」って言われるお父さん。
なんか、デレデレにうれしそうよねえ(笑)

ラベル:プリモコロネ
posted by かうべる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月16日

のだめ部屋を本気で片づける宣言

3月に、「のだめ部屋を再度本気で片づけようと思っているわけ」という記事を書いたにもかかわらず、今もって、ほとんど状況が変わっていないのは、なんでだろう〜♪
……歌っている場合ではないのです(汗)
言い訳をすると、手をつけていないわけではなく、「作業があまり進んでいない」状態。
小物の選別、不要品の処分等、亀の歩みレベルでは、やっているのだけれど、ゆっくりこもれる部屋(くつろげる部屋)にはほど遠いのです。
本来の目標は、全体的、全面的に片づけることですが、らちがあかないので、その前に、「こもりたい時にこもれるようにする」ことにしました。
とりあえず「PCを使ったり、本を読んだりできるような座れるスペース」の確保を目標にします。

先日来、なぜ「こもれる部屋」にこだわっているかというと、やはり「台所問題」が根本にあります。
より正確に言うならば、台所とつながっている、「ダイニング問題」。
3月の記事を書いた時点では気づいていなかったのですが、「私の居場所」は流し台の前ではなく「ダイニングテーブル」なのです。
オットが台所に頻繁に来るようになり(食事作りの時間帯だけでなく、なぜか変な時間にも現れる/笑)、そのたびに、どうでも良いことを話しかけられ、それにより、私の作業がたびたび中断するようになりました。ヘタをすると、オットの台所作業を手伝う羽目になったりもします。
私がテーブルでしているのは、家庭事務(家計簿つけ含む)、PC、読書、テレビ鑑賞(録画含む)など。
こうして文字にするだけだと、時折話しかけられても支障がなさそうに見えますが、「たびたび、ノックも無しに突然部屋に入ってこられて(個室ではないのでしかたないのですが)、一方的に話をして去って行く」(ひどい時は、こちらがしていることを中断して、作業につきあわされる)のは、かなりなストレスです。
前から(3月の時点で)、その不快感はあったのですが、ここにきて、ようやくその「正体」が見えてきた気がします。
……だから、のだめ部屋を片づけないとダメなんだ……
明日から、頑張って片づけようと思います。
ラベル:らくらく毎日
posted by かうべる at 21:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月15日

サッカーファン

FIFAワールドカップロシア大会が行われています。
6月14日から7月15日だそうです。(今、調べました/汗)
申し訳ないけれど、私はあまりよく知らなくて、ニュースが流れるのを見るくらいですが、
うちには、ひとり、ファンがいます。

次郎「ワールドカップ」
次郎「フレー!フレー!」

次郎は、どこに注目しているのかな。

ラベル:プリモピース
posted by かうべる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月09日

次郎、リフレッシュ、そしてバージョンアップ(またまた違うよ)

充電しても、2、3日で、また「そろそろ じゅーでーん しようよ」と言い出す次郎。
こんな時は、リフレッシュが必要です。
ところが、リフレッシュボタンを押したのに、「リフレ」の表示が出ません。ヘンだなー。
何度かやった後、もしかしたら、次郎は市販の充電池を調達し、オッチャンが勝手に入れ替えたので、リフレボタンと表示が連動していないのかも。
結果的には、リフレッシュはできたようで、次郎は元気になりました。
良かった良かった。

さて、しばらくして

次郎「いーっぱい ハートっ」

ん?次郎くん、それ、初めてじゃない?
ついでに、バージョンアップもしたのかなあ???
(そんな機能はありません/笑)
ラベル:プリモピース
posted by かうべる at 20:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月08日

靴下の処分どき(いつ捨てる?)

それなりに長く使ってきて、「くたびれてきたけど、破れてはいない」状態まで来た衣類を、いつ手放すか。
貧乏性なので、なかなかふんぎりがつきません。
特に、インナーは、見えない部分なので、かなりヨレヨレになっても、使っていたりします(汗)
靴下も、破れればあきらめがつくのですが、生地の傷みが気になり始めても、いざ処分となると、「もう一回はいたら」「いや、まだいけるかも?」を何度も繰り返すことがしばしばです。
でも、その迷いも、小さなストレスになることに気がつきました。
そこで、基準を決めました。

「仲の良い友人宅へ、はいていけるかどうか」

あらかじめ、お宅へ上がる予定でなく訪ねて、「まあ上がってよ」と言われた時に、「そう?ではちょっとお邪魔するね」と、躊躇なく靴を脱げるかどうか。
かかと部分の生地がうすーくなったものや、毛玉が目立つものなど、この基準に照らし合わせてみると、スパッとあきらめがつくようになりました(笑)
ラベル:らくらく毎日
posted by かうべる at 21:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月20日

「今しなくていいことはしない」について

以前、「困った時に唱える呪文」というのがありました。(こちら参照)


あるべきものは、あるべき場所へ。
やるべきことは、やるべき時に。

というものでしたが、いつの間にか魔力が消滅。
言い訳をすると、「呪文」としては、けっこういい線行っていたと思うのですが(笑)、私にとっては、今ひとつ、曖昧な呪文だったようです。
ふたつのことがセットになっていて、ある意味複雑だったし、当時はあくまで家事中心に考えていたので、応用がきかなくなったのかもしれません。

現在、それに変わるものは、

シンプルに暮らすための基本
1)定番を決める
2)必須の時間を取り置く
3)苦手なことはたんたんと
4)今しなくていいことはしない

の4つ目、「今しなくていいことはしない」です。
呪文の「やるべきことは〜」との違いは、言葉の問題だけ(「やること」中心にするか、「しないこと」中心にするか)、とも言えますが、生来ズボラな私は、「しないこと」の方が魅力的であり、身近に感じる模様(滝汗)
「しなくていい」と言われると、なんだか気持ちがラクになります。

たとえば、食後にだらだらとテレビを見ている時。
ふと我に返って、今しなくていいことだ、と気づくと、不思議と立ち上がることができます。(これが、ああ、お皿を洗わなくては……だと、なかなか立ち上がれないのです。)やる気の問題(やる気を起こさせるには?)、ととらえるよりも、条件反射的に動けるのが、自分でもおもしろいです。(うまくいかないこともありますが/苦笑)

また、やることが複数あり、優先順位をつける場合に、しなくていいことをそぎ落としていくと、一番大事なことが見えてきます。これもおもしろいもので、最初から優先順位1番を選ぼうとするよりも、的確に「一番」を選び出せます。
よくわかりませんが、この方式は、ズボラならでは、なのでしょうかねえ(汗)

らくらく毎日2018(改訂版)
ラベル:らくらく毎日
posted by かうべる at 12:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月13日

かつての「今の気持ち」

ふだん使っている本棚の整理をしていたら、古いメモが出てきました。
2012年4月18日の日付です。

------------------------------------------
今の気持ちメモ
靴は通販では買わない
フルートはまたやってみたいかも
着回しを考えないのもひとつの選択
------------------------------------------

二番目のフルートのこと以外の二点は、現在は、解決済み。
解決、というか、まあ、自分でどうすれば良いか、気持ちが決まっています。
靴に関しては、フットケアに通い、靴屋さんで足の測定をしてもらって、自分の足の特徴を正しく知って以降は、実店舗で、慎重に選ぶことにしています。
服の衝動買いは、今もたまにしますが、靴だけは、それはまったくなくなりました。
着回し〜は、することがおしゃれだと思っていた時期があったり、大げさに言えば、着回せない人はダメな人、みたいに感じていたこともありましたが、紆余曲折を経て、今は、こんなふうになりました。
フルートは、今でも同じ気持ちでいます。いつかまた、楽器ケースのふたを開けられたら、という気持ちは変わりません。
現実は難しいですけれども。


posted by かうべる at 18:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月11日

定番はモノだけではない

らくらく毎日。シンプルに暮らすための「基本」は4つ。

1)定番を決める
2)必須の時間を取り置く
3)苦手なことはたんたんと
4)今しなくていいことはしない

「定番」とは、いつも決まったモノを買う、使うなど。
あるいは、同じ傾向のモノを買う(例:雑貨やインナーなど、色に迷ったら、白か黒にする)。……というように、モノを考えがちですが、
考え方の基準(物差し)も定番化するとかなりラクなことに気づきました。
先日話した(こちらの記事下の方)、「普段着は『清潔』と、ある程度の『年齢相応』に気をつける」というのもそのひとつ。
以前は、行き先(至近距離のスーパー、車で10分のショッピングモール、仕事、電車に乗るか等)によって、そのつど、あれこれ迷いましたが、現在は、さあ出かけよう、と言う時点で、
「今着ている服は、清潔+年齢相応か?」
と自分に問いかけます。
そもそも、「いつでもワンマイル着(ホームウェアとワンマイルウェアは区別しない)」と(このころに)決めたのも、「考え方の定番」です。
ただ、それだけでは、おおざっぱすぎ。
ちょっとくたびれてきた服なども、日常にはあるわけで、そのあたりの線引きがもうひとつ欲しいところでした。
そこで、「清潔+年齢相応」の物差しが登場します。
面白いもので、「ちょっとくたびれてきた服」というのは、洗濯すると復活するんですね(笑)
何日か着て、だいぶよれよれになってきたな、と思っても、洗濯してパリッとしたのを見ると、あら、まだ大丈夫じゃないの、思ったりします。
同じ服でも、大丈夫な時(洗いたて)と、ダメな時(何日か着用した)で、ジャッジが変わるのです。
いずれにしても、判断材料は「そこ」だけ。
もともと、どれが似合うとか、組み合わせるとかを考えるのは、本当に苦痛でした。ひどい時は、そのせいで、出かけるのが面倒になることもありました。(どれだけズボラなんですか、というツッコミは、なしでお願いします/苦笑)
でも、このように決めたおかげで、服選びがラクになりました。

定番を決める。
服の組み合わせとか、行き先に合わせて服を決めておく、など「モノ」を決めておくのもひとつの方法だと思うけれど、
「清潔+年齢相応」という定番(考え方の物差し)の方が、私には、うまく使い回せるような気がしています。
衣類の話で説明しましたが、片づけや、料理などにも、そうした場面があるかと思います。
機会があれば、具体例など記事になるかもしれませんが、まあ、機会があれば……です(笑)
ラベル:らくらく毎日
posted by かうべる at 15:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする