2018年11月10日

深まる秋

太郎「おいももくもく」
かうべる「太郎ちゃん、目の前にお芋のお菓子があるでしょう?」
太郎「はらぺこの あき!」
かうべる「これ、食べていいのよ」
早く食べないと、誰かに食べられちゃうよ……って誰に?(汗)

次郎「ふゆ」
かうべる「次郎はもう冬になっちゃった?」
次郎「おつきさまも じゅんび」

立冬が過ぎ、冬に向けて準備の時期です。
マフラーやてぶくろを出さなきゃね。
(その前に、あなたたちは、着替えた方がいいかもね。ふたりとも、薄手のTシャツ/寒っ)
posted by かうべる at 17:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月05日

やっとお芋をゲット

太郎「おいももくもく」
かうべる「太郎ちゃんは、おいもがすきだねえ」
太郎「はらぺこの あき!」
かうべる「あ、そうそう、昨日おいものお菓子をもらったよ。はいどうぞ」
太郎「イェイイェイ!」

もうひとつ、栗のお菓子もあるので、それは、次郎にあげようね。
(次郎は栗も好き/笑)
posted by かうべる at 10:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月04日

大事なことは15時までに終わらせる

昨日の続きです。(「一日のまん中は15時」参照)

いつの頃からか、夕方以降、体の疲れと同時に、頭が働かなくなりました。
暗くなると、目も見えづらくなり、何かと能率が落ちるのを実感するようになりました。
そこで、「大事なことは15時までに終わらせる」ことにしました。
大事なこととは、
対外的な書類、計算(家計簿の集計、銀行関係のやりくり等)など、間違いを防ぐ必要があるもののほか、
一日の中で、自分にとって大事なこと(体操、仕事関係、など「必須の時間」としていること)も含まれます。
また、体力を使う家事も、ここに入ります。

「15時」は、おやつの時間でもあるので、頑張って終わらせれば、おやつが食べられるぞという「馬の鼻先にニンジン」的な効果もあるし(笑)、夕方(17時〜)よりは、心も体も余力が残っているので、「ラク」を実感できるのです。
うまく説明できないのですが、私には「15時」が区切りの時刻。
たとえば、朝家事終了時刻を10時に設定し、守れたらすっきり!というような感じと言ったら、わかってもらえるでしょうか。
私の場合、朝家事終了設定は、どうしてもなじめず、うまく行きませんが、15時の方は、しっくりきているのです。
(だから、朝家事終了設定はやめました)

一日のタイムテーブルを試行錯誤した時期もありましたが、それらをやってみて、やっと「15時」を見つけることができたように思います。
こういうのは、本当に人それぞれなので、自分で試してみるしかないのだなあと、つくづく感じます。
私の「15時」も、今後また、変わっていく時が来るでしょう。
それまでは、うまく使っていきたいと思っています。
posted by かうべる at 16:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月03日

一日のまん中は15時

最近気づきました。一日のまん中は15時だということに。
ずっと、一日のまん中は正午だと思っていましたって、普通はそうなのですが(笑)、私にとっての、が、15時というお話。
今の生活は、7時起床、23時就寝。これを基本にしています。
すると、活動時間7〜23時の16時間。そのまん中が15時、というわけです。

今まで、一日を、昼食をはさんで、前半と後半ととらえていました。
そうすると、前半が短く(あっという間に昼)、後半が長くて、最後には疲れてしまう(そしてだらだら)、というサイクル。
ところが、時間の割り振りはそうなのに、自分の頭の中ではなぜか、前半にたくさんのことをすべきで、後半は少なめ、と思っていて、矛盾が生じていました。でも、その矛盾の理由が、わからなかったのです。
その謎が、ようやく解けました。
前半が多め、と思っていた根拠は、学校時代の時間割。
午前中(給食まで)は4時間授業。午後は、2時間授業。
学校を出て何十年も経っているのに、この感覚から抜け出せていなかったのでした。
どうりで、午前中は、やることが多いのにやたらに短く、いつも「やり残した感」がありました。
そして、午後はやり残しを持ち越して、それをこなし、午後の予定をこなす。
でも、なんとなく、後ろへずれていって、うやむやに。そのうち身も心も疲れて、一日が終わる。
今思うと、そんなふうに過ごしてきたような。

でも、それは間違っていました。
一日のまん中は15時なのです。
正午、もしくは、昼食は、まん中じゃない。
それに気がついてからは、午後の後半から寝るまでが、すごく楽になりました。
もっと早く気づきたかったです(汗)
posted by かうべる at 17:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月01日

おいも復活

太郎「おいももくもく」
かうべる「あれ、またおいも?」
太郎「はらぺこの あき!」

昨日まで、ハロウィンのお菓子をねだっていた太郎。
今年は、結局、お菓子はもらえませんでした。
なぜかというと、最近、お菓子は、かうべる母のところへ行ってしまうのです。
(うちにお菓子を置いていても、食べるヒマがないので、もらったお菓子などは、すべて母宅へ持って行ってしまうため)
だから、花子ちゃんと龍馬くんは、お菓子をいっぱいもらっているんです。
ちょっとかわいそうな太郎と次郎。ずっと、腹ペコです(汗)
posted by かうべる at 21:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月31日

納めの「まつむし」?

次郎「ハロウィン かぼちゃさんー」
かうべる「次郎くん、今日で10月も終わりだねえ」
次郎「♪〜あれまつむしがー ないているー リーンリン」
かうべる「あ、まつむし、まだいるの」
次郎「あきの におい」
かうべる「まつむし お名残惜しいねえ」
次郎「またまたー グー」

「松虫」はいつまで歌うのか、毎年見きわめようとしているのですが、はっきりしません。
でも、たぶん、10月いっぱいのような。
オッチャンから、酔っ払っているみたいと言われた次郎の歌ですが、
松虫を歌わなくなると、いよいよ冬が近づいてくる……そんな気がします。
ラベル:プリモピース
posted by かうべる at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月22日

「らくらく毎日」の先にあるもの〜「暮らし方」から「生き方」へ

2011年秋から始めた、家事の試行錯誤。その後、暮らし方の模索へと続き、7年経ちました。
生きている限り、暮らしは続き、終わりがないのは当然ですが、ある程度の「決まった形のゴール(=決定版)」はあるような気がして、続けてきました。
今なお、満足な形にはなっていない一方で、なんとなく、どうすればいいのかは、わかってきたような気がします。
それは「『決定版はない』ことを実感できたことがゴール」だということ。
以前から、「その時々に合わせて少しずつ変えていくこと」や「答えはひとつではないこと」は、感じていましたが、どこかにゴールがある気がして、試行錯誤を止められずにいました。
でも、ようやく結論が出たようです。
「今までやってきたことを、その時々にあてはめていけば、暮らしはなんとかなる」のではないか。
方法というか、作戦というか、具体的な手立ては、出尽くしたのではないか。
少し前に、新しく家事指南本を読んだり、暮らしの工夫系のブログを探したりするのをやめたのと同じように、自分の中でも、もう、新しい試行錯誤は終わりにしよう。そう思ったのです。
より良いものをめざすことは続けたいけれど、基本的なことは、すでに出そろっています。
もともとは、家事の試行錯誤から始まりましたが、暮らし全般へ、そして、生き方の模索へと、変わってきました。
理想を含め、自分のすべては、ここにある。そんなふうに今は思っています。

やりたいことをやるには
1)養生
2)本当にやりたいことを選び出す
3)優先順位をつける

「生きる」と「暮らし」の基本
1)定番を決める
2)必須の時間を取り置く
3)苦手なことはたんたんと
4)今しなくていいことはしない

これが、現時点での「らくらく毎日」の結論、です。
ラベル:らくらく毎日
posted by かうべる at 15:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どっち?

次郎がおとなしいので、声をかけてみました。
かうべる「♪〜あれまつむしがー ないているー」(歌ってみた)
次郎「イヒッ!そんなところ すきになっちゃった」

えーーっと、次郎くん。
松虫とワタシと、どちらが好きなんですか?(汗)
ラベル:プリモピース
posted by かうべる at 12:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月21日

頼りにしてます

花子「さいきん つかれてなーい?」
やさしく言葉をかけてくれる花子ちゃん。
かうべる「花子ちゃーん、疲れたよ」
花子「わたしがいるもん!」
しっかり者の花子ちゃんにそう言われると、もうちょっと頑張れそうな気がします。
ラベル:プリモコロネ
posted by かうべる at 18:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月20日

秋を愛する人

次郎「♪〜あれまつむしがー ないているー りーーんりん」

今年は、松虫を歌うことがそれほど多くない次郎。
でも、そこそこ、歌っています。

次郎「♪〜いーしやーーーきいも!いもっ!おいもっ!」

そして、松虫にもれなくついてくるのが、焼き芋屋さん。
今年はなぜか、セットになっている時が多いです。

次郎「さりげなくひとり まいっちゃうねえ」

松虫と焼き芋で、しみじみと秋を感じる次郎でした。
ラベル:プリモピース
posted by かうべる at 12:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする